November 04, 2014

【BLOGNOYOHAKU】普通の味

6FullSizeRender
東京出張中に四国食べる通信のポンちゃんこと眞鍋邦大さんが忙しい合間を縫って届けてくれた小豆島の新漬けオリーブを食べた。ホンマにピュアで直球な感じ。海が感じられるなと思ったら、塩水にオリーブを漬けただけ。これまでに食べたオリーブとまったく違う。根本的に違う。ある意味普通。この普通が今はなかなかない。

ポンちゃん、ホンマにおおきに〜!

四国食べる通信 X スタンダードブックストア → 〜牢編  ▲ツサンド編


速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

3FullSizeRender
スタッフ全員が、おいしいと言った。いくつでも食べられる。いま、普通であることは非常に重要だと思っている。煮物でもコロッケでもポテトサラダでも意外に普通のは少ない。余分なものが入っているか、記憶に残るようにきつい味付けになっている。家でつくらずに、そういうものがそのまま食卓に出てくることもあるし、普通の家庭の味は実は少ないのではないか?保存食であるはずの味噌や梅干にも保存料が入っていたりするし。
先日も時間がなかったので新大阪駅ホームで買ったカツサンドは必要以上に?きれいな肉で、味がなかった。どうすればああいう風になるのだろう?ほとんどの人がああいうのをおいしいと言うときはソースの味を指している。素材の味ではない。

IMG_4544
最近弁当用に出しまきをよくつくる。ご覧のように見てくれは?だが、おいしい。材料は卵と塩、極少量の甜菜糖(甘くはならない)、だし(昆布、かつお)のみ。だから普通。

1FullSizeRender
だしは、スタンダードブックストアではおなじみ、こんぶ土居さんの『日本のだし』使用。昆布とかつおのだしパックが別々に入っている。手軽にだしがとれるが、そもそも昆布は数時間から一晩水に漬けとくだけだしが出るのでこれを使わなくても大丈夫。

こんぶ土居 X スタンダードブックストア →
)楷行編 DJ編 お庭編


和食がユネスコ無形文化遺産に登録された。和食の4つの特徴として以下が挙げられている。

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

(2)栄養バランスに優れた健康的な食生活
一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿、肥満防止に役立っています。

(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現
食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(4)正月などの年中行事との密接な関わり
日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。

農林水産省のサイトを見ると
『自然を尊ぶ』という日本人の気質に基づいた『食』に関する『習わし』を、『和食;日本人の伝統的な食文化』として題して登録されているそうだ。

あくまでも伝統的な食文化であり、『和食』と称して何でもいい訳ではない。現在もこの『習わし』が維持されているのか甚だ疑問・・・。ビジネスチャンスとばかり、『和食風』な食品を海外にばら撒かれることにならないように祈っている。それはもちろん食文化や伝統とは何の関係もないので。


たまには自分自身でつくってみると、原材料がよくわかり、市販のものにいかに余分なものが入っているのかがわかる。

【突然イベント情報】
12/8(土)正午〜
『ひとり料理 これだけあれば』(京阪神エルマガジン社)
刊行記念 木村緑ランチ会&実演トークショー

大阪・新町のカフェ『ROOM CAFEロカ』(2014年春より一時休業中)店主である木村緑さんによる、手作りのお弁当付!
詳しくは → こちら
ホントに簡単な料理から始めたい方、ぜひご予約を!


普通の食事ができるお店をやりたいとずっと考えてきた。
特にお米が食べられる店。
特別なおかずはないけれど、家庭でつくるようなシンプルなおかずが少しだけあって、あとはおにぎり・・・のような。
アイデアを出し合って、一緒に考えて、実際にお店で働きたい方、どなたかいませんか?
こんどは【突然求人情報】でした。
詳しくは → スタンダードブックストア心斎橋担当:イオモリ まで 
tel:06-6484-2239





standardbookstore at 20:45│Comments (0)clip!EVENT | BLOGNOYOHAKU
★通販★
※BASE通販サイト※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

twitter
Access
〒大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE
TEL.06-6796-8933
[acsess]
JR大阪環状線・御堂筋線・谷町線・近鉄線
天王寺駅 徒歩6分


詳しい地図はこちら>>>