August 01, 2013

【BOOK】海外で建築を仕事にする

1
「海外で建築を仕事にする −世界はチャンスで満たされている−」
学芸出版社
税込2,520円

仕事で海外へ―、自分とは関係ないように思えるその選択肢も、実は地続きでわたしたち自身の可能性として存在しています。よくあるHOW TO 就職な本ではありません。海外へと旅立った若き建築家たちが何を思いながら働き、どんな暮らしを送っているのか?もっと自由に生きるためのヒントが詰まった一冊です。

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

世界と渡り合う17人の建築家・デザイナーのエネルギッシュなエッセイ。A.シザ、H&deM、D.アジャイ他、大建築家達との面談、初の担当プロジェクト、ワーク&ライフスタイル、リストラ、独立、帰国…、建築という武器と情熱があれば言葉の壁は関係ありません。一歩踏み出すことで限りなく拡がる世界を見た実践者から若者へのエールです。

↓建築家・デザイナー↓
伊藤廉
佐貫大輔
西澤俊理
松原弘典
田根剛
高濱史子
豊田啓介
小沢慎吾
エマニュエル・ムホー
前田茂樹
後藤克史
柏木由人
小塙芳秀
梅原悟
吉田信夫
吉田智史
原田雄次


西沢立衛氏推薦!
 原稿を読んで、爽やかな感動をおぼえた。若い人が大海に出て行くということがこんなに瑞々しく、素晴らしいものなのだと、これを読むまで僕は感じていなかったかもしれない。執筆を担当した建築家達は皆、見知らぬ土地に出て行って奮闘するが、その姿勢は前向きかつひたむきで、読む者の共感を呼ぶ。これから外に出て行こうと考えている若い人は、なおさら引き込まれるのではないだろうか。
 しかし同時にこれは決して、成功談ばかりを集めた本というわけではない。いろんな苦労があって、別れがあって、たとえ成功していても、文章全体になんとなく不安というか切実さというか、生々しさが漂っている。海外で働く魅力の上面だけでなく、彼らのリアリティみたいなものが、生な形で伝わってくる。たぶんこの体験談が、もう終わった過去の話でなく、今現在もまだ続く、現在進行形の物語だからであろうか。そのように、未来に向かって進んでいく人々の文章だ。
西沢立衛

【BF建築の棚】


standardbookstore at 15:25│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※BASE通販サイト※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

twitter
Access
〒大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE
TEL.06-6796-8933
[acsess]
JR大阪環状線・御堂筋線・谷町線・近鉄線
天王寺駅 徒歩6分


詳しい地図はこちら>>>