December 08, 2010

【BOOK】  「RATIO SPECIAL ISSUE 思想としての音楽」

sisou
「RATIO スペシャル・イシュー 思想としての音楽」入荷しました!音楽評論家片山杜秀さんが責任編集を務めた読み応えたっぷりの音楽雑誌です。巻頭では当店でも大人気、音楽好き文系男子達のカリスマ菊地成孔氏と片山さんが「ポップと退屈」というこれまた面白そうなテーマで対談してます。

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

巻頭対談 ポップと退屈―退行の時代の批評(菊地成孔;片山杜秀)
The Body―プログレッシヴ・ロックをめぐる哲学的省察(ヴァレリー・アファナシェフ)
反復と制御―ポピュラー音楽における“黒さ”について(大和田俊之)
音楽はシステムであるMusic is system(田村和紀夫)
即興音楽とは何か―インプロヴィゼーションの現在(沼田順)
狂気と音楽(阪上正巳)
神と音楽(稲垣良典)
誌上シンポジウム 「いい音」は普遍か?―近代西洋音楽の外側から(井上貴子(インド)
荻原和也(アフリカ)
谷正人(イラン)
野川美穂子(日本)
平尾雅子(ヨーロッパ古楽)
皆川厚一(インドネシア・ガムラン)
片山杜秀)
「東」の音と「西」の音合わせることは可能か?―西洋と日本の音楽的「習合」のための試論(カルロ・フォルリヴェジ)
近現代における“かの地”の音楽―オスマン帝国、そしてトルコ共和国(斎藤完)〔ほか〕



内容はこんな感じです。難解そうな字面ですが中身は読みやすいです。ここまで気合いの入った音楽雑誌も最近ではなかなか珍しいと思いますので是非読んで見てください。きっといつもと違った目線で音楽に接する事が出来ると思います!



¥1,785で一階音楽書コーナーで販売中!

standardbookstore at 17:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※BASE通販サイト※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

twitter
Access
〒大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE
TEL.06-6796-8933
[acsess]
JR大阪環状線・御堂筋線・谷町線・近鉄線
天王寺駅 徒歩6分


詳しい地図はこちら>>>