October 30, 2008

【BOOK】 「waxpoetics JAPAN」

WAXすでに読まれた方も多いのではないでしょうか。「waxpottics JAPAN」が発売になりました。事前に、創刊号はアメリカ版のダイジェストであることは発表されていましたが、果たしてどんな感じなのかと思っておりましたが、とりあえずは次号も読んでみたくなるような内容でした。
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

記事の中からいくつかご紹介します。
ボビーBlue NOTE第1号の女性アーティスト、ジャズフルート奏者のボビー・ハンフリー。個人的にボビー・ハンフリーの音楽は好みではありませんが、インタビューは読んで非常に興味深いものでした。

ロイロイ・エアーズも個人的に聞かないミュージシャンです。が、こちらもインタビューはボビー・ハンフリー以上に興味深く、面白いのです。



ダニーダニー・ハサウェイ。カーティス・メイフィールド、マーヴィン・ゲイを聞く私、なぜかダニー・ハサウェイは聞きません。





ハービー日本版創刊号の表紙にも登場のハービー・ハンコック。ワーナー・ブラザーズ時代、1969年〜72年までの約3年間に焦点を絞って書かれた記事を掲載しています。衝撃作「Headhunters」を発表する直前までの記事。たっぷり18ページの特集です。

リッキー他誌ではあまり見かけないストリート・フォトグラファー、リッキー・パウエルを取り上げているのは、アメリカ版2005年#14号からの記事。



カバー「WAXPOETICS」は、ALBUM COVERの書籍も出しており、もちろん本誌にも特集があります。アート・ディレクターのボブ・チアーノを特集。



バンバータその他、アフリカ・バンバータ、RZA、など。
創刊号は、今までのダイジェスト版でしたが、次からはどうなるのでしょうか?第2号は、12月26日発売予定ですがまさかこのままダイジェストでいくことはないでょうが。10月31日には、東京へアメリカ本誌の編集長が来て創刊イベントがあるらしいので近々次号の詳細など発表あるかも知れません。創刊号は、税込979円、全128ページ、オールカラーです。




standardbookstore at 01:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※BASE通販サイト※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

twitter
Access
〒大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE
TEL.06-6796-8933
[acsess]
JR大阪環状線・御堂筋線・谷町線・近鉄線
天王寺駅 徒歩6分


詳しい地図はこちら>>>