October 29, 2018

【BOOK】『バカとつき合うな』読んで僕もやり直します。

IMG_2156

恥ずかしながら、何かが邪魔をする。
プライドではないような気がするが、
世間体を気にしているのかも知れない。
どっちも似たようなものか。
恥をかくのが嫌なのか?
正に、恥ずかしながらだな。

はっきり言って、バカ。

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

高校や大学を選ぶときも、
絶望して暗い気持ちというわけではなかったけど、
特に夢も希望もなかったので、
ここくらい行っとけば親もまあ文句は言わないか、
くらいの気持ちだった。
成績が他人より悪いのも嫌なので。
いつもそこそこ。
基本的にズボラなんだな。

やっぱり罰が当たったか。
ていうか、随分前に当たっていたのに誤魔化しやってきた感じ。
もう誤魔化せない。
還暦にも手が届きそうな頃にやり直し。



堀江貴文、西野亮廣共著『バカとつき合うな』
刊行されました。

今更ながらダメさを克服するためにヒッチハイクをしたいなあと思っていたら、
ホリエモンがヒッチハイクで小利口からいいバカになった、と書いていた。

5年前に『ゼロ』が刊行されてスタンダードブックストア心斎橋でトークしてもらった時に、『この本いい本ですね。書いてあることがどれも真っ当だ。』と言うと、
ホリエモンは『本当ですか?うれしいなあ。』と少年のような顔だった。
可愛げのある人だと感じた。
この本を読むとそれもよくわかる。
『ゼロ』は毎年3万部売れているらしい。
すげえ。


西野さんと初めて会った時にも感じた。
深々とお辞儀をして『今日はよろしくお願いします!』
可愛げある人だと。
そして気持ちがいいと。
嫌われもんのはずが、いい奴。

ある時プペル展で西野さんとトークした。
確か飲みながらトークしていたので、西野さんがトイレに行った。
その日はトークの後に本を使った遊びをすることになっていたので
(もちろん西野さんには事前にLINEで伝え、快諾してもらっていた。多分覚えていなかったんだな。)、
主催者との約束だったので中地半端な気もしたけど、
そのタイミングでトークを終了し、その遊びの準備に入った。
準備に入るかどうかかなり迷ったけど。
トイレから戻ってきた西野さんは、トークの続きをするつもりだったので少し怒った。
人とのコミュニケーションを大切にする西野さんらしいなあと僕は思っただけ。
彼も後を引かないのがこの人のいいところ。
打ち上げもいつものように楽しく過ごせた。
ネチネチしていないので気持ちがいい。


堀江貴文、西野亮廣共著『バカとつき合うな』
オススメします。


内容は?
読んでからのお楽しみです。
本は立ち読みできる。
スタンダードブックストアならコーヒー飲みながら読めるし。


いいオッサンもバカからいいバカになります。
他人の目を気にしないように。

若い人もいいバカになって!
人と比べずにいきましょう!


スタンダードブックストア代表
中川和彦


standardbookstore at 18:57│Comments (0)clip!BOOK | BLOGNOYOHAKU
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※