January 05, 2018

【EVENT】2018.1/31(水)19:30〜 分身ロボットOriHime開発者・吉藤オリィ トーク&サイン会

978-4-7631-3566-7 (1)
2018年1月31日(水)19:30〜
@スタンダードブックストア心斎橋
イベントへのご参加の前に必ずこちらをご確認下さい。

分身ロボットOriHime開発者・吉藤オリィトーク&サイン会


イベント詳細は次ページへ➡

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

昨年10月に写真集『それでも それでも それでも』刊行記念で齋藤陽道くんのトークショー&懇親会を開催した。陽道くんは耳の聞こえない写真家(とてもピュアで優しい男)。トークショーは筆談だ(一部手話)。その後版元ナナロク社の村井社長交えてバーで打ち上げしている時に陽道くんに『「孤独は消せる」って本しってます?』って聞かれたのがオリィさんを知ったキッカケ(こちらも筆談)。その数日後、小幡和輝くんという元不登校児の学生企業家とトークをすると、そこでもオリィさんの名前が出た。さらにリバネスに勤める大学の後輩からリバネス・丸社長のトークを打診され、トーク相手にオリィさんの名前が出た。『「孤独」は消せる』を読んでみた。素晴らしい本だった。現場主義を徹底し、観察することを重要視しているオリィさん。『人間の孤独を解消する』という壮大テーマに取り組み、『生きるとは、人の役に立つこと』と断言する。僕も自分のしている仕事が、店が、社会の役に立つことを願っている。これはもう何かしなければ気がすまなくなり、丸さんとオリィさんとの対談は流れたが、オリィさん単独でのトークをお願いした。
スタンダードブックストア代表 中川和彦


IMG_3155


写真%202017-10-02%2023%2057%2049_preview


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【関連書籍】
978-4-7631-3566-7 (1)『「孤独」は消せる』
11歳から14歳までの3年半、不登校やひきこもりを経験し、生きることが辛いほどの孤独に苦しめられた吉藤健太朗。
中1の夏、ふとしたきっかけで出場することになったロボットコンテストで奇跡の優勝を果たす。

師匠と呼ぶ先生との出会いを経て高校に進学後は、画期的な車椅子の発明から世界最大の高校生の科学大会「Intel ISEF」でみごと栄冠に輝く体験をすることに! ところが……。

それまでの辛い経験、努力が報われたことや、栄えある受賞の誇らしさを感じながらも、猛烈に湧き上がってくるのは「自分は何のために生きているのか」という強烈な不安感だった。

黒い白衣に身を包み、分身ロボットの開発やALS患者のコミュニケーション技術の研究で国内外から注目されるロボットコミュニケーターによる、初めて胸の内を綴った書き下ろしノンフィクション。

人生のいろいろな壁を、常識破りやクレイジーと言われる方法で突破しながら、"理論"ではなく"感覚"でロボットを研究する筆者の思考回路、発想法が詰まった、自分のあらゆる可能性の扉を開きたくなる1冊。
■ サンマーク出版刊
■ 著者:吉藤健太朗(吉藤オリィ)
■ 価格:本体1,400円+税
■ 発刊:2017年3月7日
■ ISBN:978-4-7631-3566-7

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【吉藤オリィ著『「孤独」は消せる』から気になった言葉】

『人間の孤独を解消する』
 吉藤さんが掲げた壮大なテーマ…p.10

おそらく、人は人に会うために外に行くのだ。
人の営みに参加するために、我々は外に出かけるのだ。
…中略…
体が運べないなら、せめて心を運ぶ車椅子はつくれないか。…p.16

『ないなら、つくる』…p.32

『電話やテレビ電話は、伝えたい用事のあるときには適したツールだが、そこに自分が参加することを許されるツールではない。そして、自分がそこにいなくても参加しているように周りに扱ってもらえるツールはこの世に存在していない』…p.37

『離れていても、そばにいる感覚をお互いが持つことはできないだろうか?』…p.38


話し合って全員がそれはいけそうだとうなづけるアイデアは、絶対どこかの誰かが既に思いついてるし、検討されつくしているものだ。そして、今までにあった何かの改良ではなく、まったく新しいアイデアというのは、いくら説明しても自分以外に理解されないものなのだ。…p.40

どのように使われているのか、どのような点が評価され、どこを改良しなくてはならないのか、実際の現場で、目で見て、人から話を聞いてはじめてわかることは本当にたくさんある。…p.41

よく、ものづくりは客の声聞けというが、その”客”が本当にほしいものはこれだという明確な答えを持っていることなどあまりない。
夜中にアイデアを思いついて飛び起きたなら、…中略…自宅にいてもすぐに作業場に移動し、30分以内には開発に取り掛かる。…p.46

1つ1つは極めた人がいても、この3つの体験をした人はそういない…p.57

失敗というと…中略…『こうやったらうまくいかない』という無数の経験なのだ…p.61

『やるからには、ここまでやるか!と思わせるまでやらなあかん』…p.117

高齢者の話を多く聴いたり、…中略…多くの人が『孤独』を感じているということだった。
『孤独』を解消することに、私は残りの人生をすべて使おう。…p.139

『人を本当に癒せるのも、また人だけだ』…p.148

孤独の解消…『人と人の関係性の中に答えがある』…p.162

『まずは挨拶!全力でや!…中略…この人の話しやったら聞かな損やわ!って、お客さんに思ってもらわんと何を言っても伝わらへんねん』…p.167

今、私がロボットコミュニケーターとして活動している根幹の部分には、間違いなくキャンプファイヤーで学んだ経験が大きく生きている…p.172

ロボットをつくるうえで重要なことは、大学で制御工学を学ぶことではなく、どのような制御をし、それを見た人に”どんな想像をさせるか”画本質だ。…p.182

それは研究者視点でものをつくるのではなく、必要とする人の視点で開発をすることだが、…p.186

これで十分だろうではなく、とことん勝つことを考え、徹底的に準備をする。…p.212

コンテストの醍醐味は素晴らしい人との出会いが得られることだ。…p.214

よく『ユーザーの声を聞け』というものがあるが、私は聞くことよりも反応を観察することが重要だと考えている。…p.240

『生きるとは、人の役に立つこと』…p.260

何かをしてもらって『ありがとう』と言ったら、次は何かをしてあげて、『ありがとう』と言ってもらえる、つまり、”循環”が人の心を健康にする。…p.261.262

私がつくりたいのはロボットではない。
『その人が、そこにいる』価値だ。
人は、誰かに必要とされたい。…p.262

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
分身ロボットOriHime開発者・吉藤オリィ トーク&サイン会

【出演】※敬称略
吉藤オリィ

【日時】 2018年1月31日(月)
開場19:00 開演19:30

※終了は21:30頃を予定
※トーク開場時間は諸事情により変更になる場合がございます。適時twitterにてご案内致します。
※開場後、チケット右下に記載の番号順にご入場頂きます。会場運営の都合上、番号を10ずつなど一定の単位で区切ってご入場頂く場合がございます。
※開場時間にいらっしゃらない場合は、後の番号の方に先にご入場頂き、飛ばした番号の方は到着次第順次ご入場となります。
※会場内は自由席となります。
※ご予約の混雑具合におうじて、チケットの引換期限を設ける場合がございます。

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■カフェ通常営業時間:11:00〜22:30

【料金】 1,500円(1ドリンク付)

※当日のトーク会場ご入場はチケット番号順(ご入金順)です。入場後は自由席です。
※チケット番号は予約順ではなく、ご入金順になります。
※チケット引換が遅くなりますと立ち見になる場合がございます。
※ご予約数によって当日券の発売を中止する場合がございます。

【予約方法】
1.お電話(06−6484−2239)
2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
3.メール
以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント 2018/1/31 吉藤オリィ トーク&サイン会
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
通販をご希望の方は、このままこちらからどうぞ。※ご入金後、チケット整理番号を確定し、店頭でお預かりいたします。当日(当日含む)までに店頭レジカウンターでお受け取りください。
※当店facebookイベントページでの参加ボタンでは、ご予約となりませんので、ご留意ください。

【チケット引換方法】 ※なるべくイベント前日までに引換ください★
1.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
2.通販

★会場入場にはチケット引換が必要です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
プロフィール
_MG_2017-2_preview (1)
吉藤オリィ (よしふじおりぃ)
株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
分身ロボットの父、株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
小学5年〜中学3年まで不登校。
高校時代に行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学技術コンテストJSECにて文部科学大臣賞、 世界最大の科学技術コンテストISEFにてGrand Award 3rdを受賞。 その後寄せられた多くの相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。
高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした”分身ロボット”の研究開発を独自のアプローチで取り組み、 自分の研究室を立ち上げる。
2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
分身ロボット"OriHime"、神経難病患者のための視線文字入力装置"OriHime-eye"を発明、その他バリアフリーマップの開発に関わっている。

2014年、日本武道館で開催された「みんなの夢AWARD4」では、オーディエンス約1万人の前でALS患者が目だけで遠隔操作する2足歩行分身ロボットを披露し優勝。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表ほか、Googleインパクトチャレンジグランプリ、AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶASIAを代表する青年30人 などに選ばれる。


◆イベントチケットは通販でも購入いただけます。↓
※通販は発券手数料税込150円が含まれています。
※ご入金後、整理番号を確定し、(発送はせず、)チケットを店頭でお取り置きいたします。引き換えはイベント当日、レジカウンターでお名前をおっしゃってください。




standardbookstore at 15:04│Comments (0)clip!EVENT | BLOGNOYOHAKU
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※