August 31, 2017

【BOOK】フェア「滝口悠生の本棚」【本のうら表紙♯6】

本のうら表紙♯6

茄子の輝き」(新潮社)
高架線」(講談社)刊行記念

滝口悠生の本棚
スタートしました。

main


※「高架線」は2017年9月31日発売予定!




速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

こんにちは。書籍担当のさとうです。

みなさま今年の夏はいかがでしたでしょうか。
今日は8月31日。吹く風の中に、夏ではない何かが混じりはじめたように感じます。


さて、前回の【本のうら表紙】から長い日数が経ってしまいました。

本日は8/31よりスタートしたフェア『滝口悠生の本棚』をご紹介したいと思います。

main


honndanagaiyou




まずはこのフェアの主役、滝口悠生さんのご紹介をさせてください。
滝口悠生ってどんな人?

滝口さん_


滝口 悠生|yusho TAKIGUCHI
小説家。1982年東京生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受賞してデビュー。2015年に映画「男はつらいよ」をモチーフにした『愛と人生』で野間新人文学賞。2016年『死んでいない者』で芥川賞。他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』。6月に短編集『茄子の輝き』(新潮社)を刊行。

21becfee


当店でも過去2回イベントを開催しています。

『茄子の輝き』刊行記念 滝口悠生さんと「日記」を書こう!ワークショップ
「スナック中川 Vol.01~『疾駆』~」刊行記念トークショー



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



このフェアは「選書フェアなぁ…もっと面白い形でできひんかなぁ。」というぼやきからはじまりました。

選書フェアはとてもすきだけど、なんだか同じような形ばかりで物足りなくなってきた。

ほんの少しの違いでも、いままでと違うことができたなら、開催する側も、来て下さるお客様も、いまよりほんの少しだけ楽しめるようになるのではと、漠然と考えていたのです。

そこでイベントに来てくださった芥川賞作家の滝口悠生さんに、
「なにかフェアをしたいんです。あ、そうだ。滝口さんの本棚見せてもらえませんか?」と到底断られそうな企画を投げかけてみました。

すると滝口さん。「オッケー、まかしてー!」とのこと。
「なんと!?それは今すぐに企画書を!」等やりとりがはじまり、そんなこんながあり滝口悠生さんの家にある本棚を再現してしまった、というフェアです。


以前から、雑誌などで作家さんの本棚を紹介するコーナーを見るたびに、これ本屋でちゃんと再現できたら誌面で見るよりおもしろいやろなぁ、しかも気になった本すぐそこで買えるしなぁと考えたことが何度かあったのです。

作家さんは、どんな本を読んでいるんだろう?

どんな本を読んできたんだろう?

執筆の際に必須の本はあるのかな?

その本たちを並べてみると、インタビューをするより、もしかしたら作家さんのことが知れるかもしれない。




そして「茄子の輝き」(新潮社)は6月末に発売され、新刊の「高架線」(講談社)は9月末に発売予定。どうにかこの2つをつなぐべく、橋渡しができるようなフェアにしたい。



今回は滝口悠生さんに全面的にご協力頂き、実際に家にある本棚の写真撮影(こちらは実際にコーナーに貼り出しています。)、手描きPOP、選書、そしてフェアに際しての寄稿までいただきました。

本棚の詳しいラインナップに関しましては、少しずつツイッターやインスタグラムで告知していきますね。

その冊数なんと約70冊


oosakanoyado


中には今回特別に滝口さんの蔵書をお借りしているものもあります。
こちらはご購入いただくことは出来ませんが、絶版のものや滝口さんがつけた付箋がそのままになっていたりと、大変貴重なものもございますので、ぜひこの機会に手にとってみてください。

そして貼り出しているPOPはすべて滝口悠生さんの手書き。

syounennsyouzyo



滝口悠生さんが参加されているリトルプレスも何点かご用意いたしました。
ランバーロール」、「歩きながら考える別冊 酔いながら考える」。

rutorupure



今回はフェア本お買い上げの方に、小冊子をレジにてお渡しさせていただきます
滝口悠生さんの書き下ろし寄稿文、本棚全リストが掲載されたオリジナル冊子です。

sassi1


sassi2


さらに新潮社から「茄子の輝き」刊行の際に発行された記念小冊子『茄子が輝くまで』を滝口悠生さんの著書お買い上げの方に進呈いたします


フェア台には実際に滝口悠生さんの家にある本棚の写真も展示しております。
選書の中にない本ももちろんたくさんあり、眺めるだけでも楽しい。ぜひ併せてご覧下さい。

honndanasyasin




このフェアは滝口悠生さんを広く知ってもらえたらという想いがまずあり、そして滝口悠生さんから更なる新しい1冊に出会ってもらえたらという想いのもと、フェアの準備をして参りました。

もしかしたら、このフェアで出会えた本が、「大切な一冊」になるかもしれない。例えそうならなくてもいい。「何か」につながる「何か」になれば。



最後にこのブログをここまでお読みいただいた皆様、そしてフェアに遊びに来てくださった皆様、遊びに行こうかなと考えてくださる皆様、そのすべての皆様に心より御礼申し上げます。



またこの場をお借りして、何度も何度もやりとりにご対応していただき、全面的にご協力いただいた滝口悠生さんをはじめ、新潮社佐々木さま、講談社堀沢さま、ランバーロールの皆様、歩きながら考えるの皆様、看板を作ってくれた元スタッフ(ありがとう!)フェア開催にご協力頂いた全てのご関係者の方々に、心より御礼申し上げます。多くのご縁に感謝。

saigo1




それでは、「滝口悠生の本棚」どうぞお楽しみくださいませ!
開催期間は8/31〜10/31まで。



※少しずつ棚の内容が変わっていくかも?


saigo2






standardbookstore at 21:03│Comments (0)clip!BOOK | 本のうら表紙
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
地下鉄心斎橋駅から
御堂筋西側を南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
御堂筋西側を北へ徒5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。

 

この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※