October 18, 2016

【BOOK】BRIDGE OF SIGHS|Chad Moore

CHA1IMG_2149
BRIDGE OF SIGHS
Chad Moore (チャド・ムーア)
出版社:OODEE
ソフトカバー / 40 ページ / 255 mm x 295 mm / カラー
500部限定発行
2016年刊
売り切れ
本体20,000円+税

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

CHA2IMG_2150
アメリカ人フォトグラファー、Chad Moore (チャド・ムーア) の作品集。本書タイトル Bridge of Sighs はニューヨークにある作者のスタジオに隣接する刑務所とニューヨーク郡裁判所をつなぐかけ橋のニックネームであり、これは16世紀にイタリア・ヴェネチアに架けられた、囚人を独房に移す際に通らなければならなかったかけ橋に由来し、囚人はこのかけ橋を通る際に窓から見る最期のヴェネチアの美しい景色に思わずため息をつくことから Bridge of Sighs (ため息橋) と呼ばれるようになったという。
今作では、作者の作品を特徴づけるポートレートに加え、風景写真も多く収録され、これまでの作品には見られなかった静けさや深い思量が作品全体に漂う。都市の喧騒のなかで、作家本人や被写体たちが出くわす気まぐれなできごとや体験が、どこか絶望や落胆を帯びた深い表現となって色濃く映し出される。あるいは、橋を渡る囚人たちのように、夢と美に溢れる若さへのため息なのだろうか。後年、ヴェネチアのため息橋は、橋をくぐる恋人たちに永遠の愛と祝福をもたらすとし、人々に語り継がれることになる一方で、本作はそんな説話の域を容易くも超える。作者が何よりも心を傾けるものは、歓びや情熱、退屈さや悲哀、慈愛、親密さといったひとの生温かいところにある。その混沌とした脈絡こそが、作家の自身に内在する感情や情動の表現へと導く。そして、永久に愛を探求しつづけることに、失われたイノセンスへの解を見いだす。

CHA3FullSizeRender
CHA4FullSizeRender
CHA5FullSizeRender
CHA6FullSizeRender
CHA7FullSizeRender
CHA8FullSizeRender



現在在庫のある Chad Moore 作品は 下 の3点です。

2FullSizeRender

3FullSizeRender
At Amber
クリック!

1FullSizeRender
So, Long
クリック!


standardbookstore at 12:43│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※