June 05, 2015

【BOOK】大竹伸朗、新カタログ「SO X TN」

image2

こちらの商品は2009年以降にTake Ninagawaにて開催された、展覧会のカタログです。
カタログは4種類あり、いずれもバインダーに綴じる形。
こちらは今後新シリーズの発行を視野に入れているとのことで、
バインダー形式という更新可能な形態です。

カタログ4種の、バインダー付きの初回限定版となっております。
セットのバインダーには特製のステッカーも付いており、コレクター心をくすぐられる仕様。

↓↓カタログ4種の詳細です↓↓

貼貼貼貼
2009年にTake Ninagawaで開催された大竹伸朗の個展「貼貼貼貼(Shell & Occupy 4)」。その出展作品を全作収録した、バインダー形式の展覧会カタログです。大御所作家SOと若手画廊TNのコラボレーションが始まったこの展覧会シリーズでは、小さな額に貼り込まれた大竹コラージュの真骨頂を大竹の連載エッセイ「見えない音、聴こえない絵」の文章と共に大竹伸朗の制作の軌跡を辿ります
SOxTN_Shell&Occupy4


『'00-'12』
2013年にTake Ninagawaで開催された大竹伸朗の個展「Shinro Ohtake ’00-’12」。その出展作品を全作収録した、バインダー形式の展覧会カタログです。展覧会は、大竹伸朗が ’00年以降、特に関心を寄せている「境界」に関する作品を中心に構成されました。連載エッセイ「見えない音、聴こえない絵」の文章と共に大竹伸朗の制作の軌跡を辿ります。
SOxTN_'00-'12


『#65』
2010年にTake Ninagawaで開催された大竹伸朗の新作スクラップブック#65とそれにまつわる絵を展示した「#65 2005-2010」。その出展作品を全作収録した、バインダー形式の展覧会カタログです。連載エッセイ「見えない音、聴こえない絵」の文章と共に大竹伸朗の制作の軌跡を辿ります。
SOxTN_#65


『時憶』
2011年の初回フリーズ・ニューヨークで初めて紹介され、現在も進行中の新作シリーズ「時憶」。便せんやレターを時間や記憶にまつわるマテリアルとして扱った最新作シリーズを1作目から28作目まで収録したバインダー形式の展覧会カタログです。大竹の連載エッセイ「見えない音、聴こえない絵」の文章と共に大竹伸朗の制作の軌跡を辿ります。
SOxTN_TimeMemory

今回はセット商品のみの取り扱いとなっております。
(カタログ4種、バインダー、ステッカー付)
価格は¥8,600+TAX


1f アート書コーナー、レジにてお気軽にお尋ね下さい。

▼通販でも購入可能です。(別途送料がかかります。)▼


standardbookstore at 15:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※