February 11, 2015

【ZAKKA】森正洋の考える茶わん

hiratyawan

「実用性だけではダメだし、
流行を追ってもいけない。
デザインは生活文化を
つくり出していけるものでなければ。
それには人間の生活をよく見ること。
人間が好きじゃないと、
モノは作れないよ。」
森 正洋
「森正洋の言葉。デザインの言葉。」(美術出版社)より。



速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

戦後日本の生活を見つめた
陶磁器デザイナー森 正洋氏。

「機能性と美しさを兼ね備えた
デザインなどとよく言うけれど、
そもそもデザインとは使いやすさを追求し、
それを形にしていく作業。
もし使いにくいと感じたら、
それはデザインが悪いということ。
”使いやすく、親しみが持てて、きれい。”
―それが暮らしの道具の原点。」

そう考える森正洋氏がデザインした茶わんは
大ぶりで浅めの平形。

多くの生活用品は時代や
背景によって改良されています。
なのに、昔からたいして
カタチの変わらない飯椀。
それを氏は現代の生活に合わせて
デザインしたのです。

平面的で浅いお茶碗は
冷めやすいかもしれません。
しかし寒さにふるえながら
食べることのない今、
食べやすく、
ごはんを盛っても絵柄が楽しめたりと
余裕のあるお茶碗の使い方の提案です。

hiratyawan2
15cmという直径で、一般的な茶碗よりひとまわり大きいので
お料理やデザートの盛り付けにもおすすめです。
hiratyawan3
軽くて持ちやすく、見た目も優雅。
hiratyawan4
裏の底には森正洋の「も」の文字。

100種類ものデザインの中から数点を
セレクトして地階にて展開しております。

家族全員で柄違いを使うのも
楽しいかもしれませんね。

ギフトにもぜひ。

白山陶器
平茶わん
各¥2,500 (本体) + 税




standardbookstore at 17:00│Comments (0)clip!ZAKKA 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※