January 15, 2015

【EVENT】2/15 11:00 アサダワタル『コミュニティ難民のススメ-表現と仕事のハザマにあること-』出版ツアーin大阪

cover
【第二弾】アサダワタル著『コミュニティ難民のススメ ー表現と仕事のハザマにあることー』(木楽舎)出版ツアー in 大阪 あなた一体何屋さん? 〈生きる〉のなかで、すべてがボーダレスに混じり合う〈働く〉へ!
アサダワタル × 津村記久子 × 藤原明 × 梅山晃佑 × 櫨畑敦子 × 松本典子 × 松村貴樹


2015年2月15日(日)11:00〜
@スタンダードブックストア心斎橋
イベントへのご参加の前に必ずこちらをご確認下さい。

アサダワタルさんの新著刊行記念イベント第二弾。2月15日 日曜日の朝から3時間、ゲストが語り合います!



速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

仕事をする上でひとつの「これ!」といったコミュニティ(専門分野や業界)に属さず(あるいは属することができず)、かつその時々に応じて表現手法・アウトプットも特定していないことによって、周りから「結局、あの人は一体、何屋さんなのだ……?」とか思われるような人、あなたの周り(あるいはあなた自身)に心当たりはないでしょうか? 時に周囲から「あいつは根無し草だ」とか「結局、一体何がやりたい人なんだろう?」って言われたりしながら、自分の分野や目に見えやすいアウトプットに縛られず、自分の「表現」したい「根っこ」を掘り下げるようにして「仕事」を作ってきた日常編集家のアサダワタルさんは、このような状態を「コミュニティ難民」というキーワードで現し、一冊の本に纏めました。それが本書『コミュニティ難民 ー表現と仕事のハザマにあることー』です。プライベートな空間である家に、パブリックな機能を持たせる住まい方を「住み開き」という言葉で切り取ったアサダさんが、今回は「表現(≒プライベート)」と「仕事(≒パブリック)」の間を彷徨って生きる、6人の人生の歩き方をコンパイル。自問自答しながらも、あらゆる枠組みを飛び越え、楽しく暮らす生き方・働き方について、多彩なゲストを交えて語り合います。
スタンダードブックストア心斎橋にて展開される出版シリーズ第二弾は、「働く」というテーマにいつも独創的な視点を投げかけてくれる大阪在住の芥川賞作家 津村記久子さん、本書でも取り上げた孤高の越境銀行マン りそな総合研究所の藤原明さん、「働く」や「学ぶ」というテーマを公私を越えて実践するA′ワーク創造館の梅山晃佑さん、このリード文に説明することが難しすぎるほど雑多にソーシャルワークを拡張していくホープ 櫨畑敦子さん、簿記の先生やヨガのインストラクターからタロット占いまで「教える」ことだけはぶれずともこの先まったくどこへ向かうのか読めない松本典子さんを交えて、司会は大阪はフロム谷町6丁目のローカル・カルチャーマガジン『IN/SECTS』の編集長 松村貴樹さんが担当します。乞うご期待!

coverコミュニティ難民のススメ ー表現と仕事のハザマにあることー』(木楽舎)
彷徨って生きる、これからの人生の歩き方!
「住み開き」から、「コミュニティ難民」へ。
プライベートな空間である家に、パブリックな機能を持たせる住まい方(自分の蔵書と書斎を、週末だけ図書館として地域の人に解放したり)を「住み開き」という言葉で切り取った、アサダワタル氏が、今回は「表現(≒プライベート)」と「仕事(≒パブリック)」の間を彷徨って生きる、6人の人生の歩き方をコンパイル。自問自答しながらも、枠組みを飛び越え、楽しく暮らす彼ら(と自分自身)の生き方を、アサダ氏は「コミュニティ難民」と名付け、現代の新たな道標として描き出した意欲作です。内田樹氏や梅原猛氏らとの共著でも知られる、宗教学者・僧侶の釈徹宗氏との対談も収録!

出版:木楽舎
価格:1,600円+税
頁: 320ページ
ISBN-13: 9784863240803
発売日: 2014/12/1



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【第二弾】アサダワタル著『コミュニティ難民のススメ ー表現と仕事のハザマにあることー』(木楽舎)出版ツアー in 大阪 あなた一体何屋さん? 〈生きる〉のなかで、すべてがボーダレスに混じり合う〈働く〉へ!
アサダワタル × 津村記久子 × 藤原明 × 梅山晃佑 × 櫨畑敦子 × 松本典子 × 松村貴樹

【出演】
津村記久子(作家)
藤原明(りそな総合研究所)
梅山晃佑(A’ワーク創造館)
櫨畑敦子(のびしろ主宰)
松本典子(職業 松本典子)
アサダワタル(本書著者:日常編集家)
松村貴樹(司会:IN/SECTS代表)

【日時】
2015年2月15日(日)
 開場10:30 開演11:00

※通常より早い開演時間となっております。
※終了は14:00頃を予定
※開場時間は諸事情により変更になる場合がございます。適時twitterにてご案内致します。
※開場後、チケット右下に記載の番号順にご入場頂きます。会場運営の都合上、番号を10ずつなど一定の単位で区切ってご入場頂く場合がございます。
※開場時間にいらっしゃらない場合は、後の番号の方に先にご入場頂き、飛ばした番号の方は到着次第順次ご入場となります。
※会場内は自由席となります。
※ご予約の混雑具合におうじて、チケットの引換期限を設ける場合がございます。

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■営業時間:11:00〜22:30

【料金】
1,500円(1ドリンク+軽食付き)

※途中休憩をはさみます。
※当日のご入場はチケット番号順です。入場後は自由席です。
※チケット番号は予約順ではなく、ご入金順になります。
※チケット引換が遅くなりますと立ち見になる場合がございます。
※ご予約数によって当日券の発売を中止する場合がございます。

【予約方法】
1.お電話(06−6484−2239)
2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
3.メール
通販をご希望の方は、このままこちらからどうぞ。

【チケット引換方法】 ※なるべくイベント前日までに引換ください。
1.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
2.通販

★会場入場にはチケット引換が必要です。

【メール予約】
以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント 2/15 コミュニティ難民vol.2
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お電話でのご予約: 06-6484-2239
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【プロフィール】
アサダワタル(あさだ・わたる・本書著者)1979 年大阪生まれ。日常編集家。文筆・音楽・プロデュース・講師業。著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ 表現と仕事のハザマにあること』(木楽舎)、『アール・ブリュット アート 日本』(平凡社、編著)など。2013年、ドラムを担当するSjQ++がメディアアートの世界的な賞である「アルス・エレクトロニカ」にて準グランプリ受賞。NPO 法人ココルーム副代表理事、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAエディトリアルディレクタ―、KBS京都ラジオ「Glow?生きることが光になる?」パーソナリティも務める。神戸女学院大学、立命館大学の非常勤講師を経て、現在、滋賀県立大学大学院博士後期課程在籍。今春に「表現」をテーマにした新刊をモ*クシュラより上梓予定。
http://kotoami.org/

津村記久子(つむら・きくこ)1978 年大阪府生まれ。2005 年「マンイーター」(「君は永遠にそいつらより若い」に改題)で太宰治賞を受賞しデビュー。2008 年「ミュージック・ブレス・ユー!!」で野 間文芸新人賞、09 年「ポトスライムの舟」で芥川賞、11 年「ワーカーズ・ダイジェスト」で織 田作之助賞、13 年「給水塔と亀」で川端康成賞受賞。主な作品に「とにかくうちに帰ります」「これからお祈りにいきます」「ポースケ」、「エヴリシング・フロウズ」、エッセイに「やりたいことは二度寝だけ」などがある。

藤原明(ふじわら・あきら)
1967年大阪市生まれ。大阪市立大学商学部卒業。2003年10月に、りそな銀行大阪営業推進部プランニングマネージャーに就任。現在、りそな銀行営業サポート統括部(大阪)地域オフィサー兼コーポレートビジネス部(大阪)アドバイザー。りそなホールディングスグループ戦略部アドバイザー。りそな総合研究所リーナルビジネス部長を兼任。FM802や大阪府をはじめ、企業連携・産学連携・地域連携・官民連携といった多様な協働事業「REENAL プロジェクト」をプロデュース。りそな総合研究所では、豊富な「REENAL」のケーススタディを体系化した「REENAL式ワークショップ」をベースに、コンサルティング・セミナーを手がけている。立命館大学経営大学院、大阪電気通信大学金融経済学部資産運用学科、デジタルハリウッド大学院客員教授、大阪市港区長アドバイザー。

梅山晃佑(うめやま・こうすけ)
1981年生まれ。大阪府出身。大阪教育大学在学中に「CRJ-west」や「からほりまちアート」といった活動にてイベント企画・運営やフリーペーパーの発行、組織の運営などに携わる。迷走7年間の学生生活終了後、大人を対象とした講座の企画・運営の仕事への道を目指して2007年に「A′(エーダッシュ)ワーク創造館」(大阪地域職業訓練センター)へ就職。主に就職困難な若者を対象としたコミュニケーション講座や「あたらしい働き方の応援」としてのNPO支援事業などにも関わる。2008年には、大阪市中央区の空堀商店街にある自宅の一室を開放し、コミュニティサロン「2 畳大学」を開講。その後、公私で培ったネットワークをさらに発展させるべく、2010年より、谷町4丁目のシェアオフィスの一角をセカンドオフィスとして更にシェアする「オフィス2.0」や、ポータルサイト「ナローワーク」、そして2012年には、空堀にコワーキングスペース「往来」をオープンした。

櫨畑敦子(はじはた・あつこ)
大阪在住、便利家。防空壕「のびしろ」世帯主。過去に事務員/企画営業/デザイナー/添乗員/就労支援などを経て今に至る。現在は(欅蕷爿⊂学校J々交換の会社じ朕融業主の業務補助で生計を立てている。個人的な活動は映画役者、自殺予防、音楽活動、性教育の更新・講演活動、よそ宅の片づけなど。月収6万円前後、お仕事紹介して頂けたら幸いです(破壊力とエネルギーには自信あり)
http://hajihata-atsuko.jimdo.com

松本典子(まつもと・のりこ)
簿記の先生や、ヨガのインストラクター、タロット占いなどなど、やっていることがばらばらで説明がめんどくさくなった挙句「職業、松本典子」にいきつく。もちろん 「劇団、本谷有希子」のパクリである。やっていることは怪しいけれど、三国ヶ丘高校卒、大阪市立大学卒と学歴はいたってマトモ。昨年、占いによって結婚したことをつづったブログが内輪で話題に。http://ameblo.jp/nya8nya5/

松村貴樹(INSECTS代表・本イベント司会)
1976年生まれ。21歳で単身渡米、ニューヨークで5年過ごす。帰国後、フリーランスを経てLLCインセクツを設立。2009年の春、大阪発ローカル・カルチャーマガジン「IN/SECTS Magazine」を創刊。2014年12月に待望の第6号を発刊した。
http://www.insec2.com
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


standardbookstore at 12:35│Comments (0)clip!EVENT 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
地下鉄心斎橋駅から
御堂筋西側を南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
御堂筋西側を北へ徒5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。

 

この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※