December 03, 2012

【BOOK】『Here Comes The Blues』 まもなく入荷

TARO MIZUTANI Profile
水谷太郎 1975年 東京生まれ。
写真家の祖父、父の影響もあり、幼少の頃から写真のカルチャーを間近で触れる。東京工芸大学写真学科卒業後の1999年より、写真家として始動。大判カメラやピンホールカメラを使ったランドスケープ作品を皮切りに、現在ではメンズ&レディースファッション誌のファッションシュートをはじめ、ブランドやセレクトショップのシーズンヴィジュアル、アーティストやミュージシャンのポートレイトの撮影など、シーンの最前線で活躍。


2
延々と続く荒野と、大地を突き上げるように鋭角の尾根が無数にそびえ立つ山々。まさにラストフロンティア(最後の辺境)として美しくも崇高な地、アメリカ・アラスカ。その大自然の中でも、圧倒的な存在として氷河期の時代から鎮座するアラスカの象徴、それが氷河である。
3

フォトグラファーの水谷太郎は、今秋アラスカを初めて訪れた際にヘリコプターで氷河の上に降り立った。雪の堆積を延々と繰り返し、その重さと圧力で積雪の空気が抜けることで氷の結晶となり、青い光を反射することで生まれた“グレイシャー・ブルー”。そんな神秘的かつ唯一無二な青味を醸し出す氷上で、彼が目前にしたのは、“グレイシャー・ブルー”が澄みわたる小さな氷河池だった。
4
雨水と氷河の溶けた水のみでできた、限りなく無垢なこの池で、彼はひたすら水面だけにカメラを向け、無心でシャッターを切った。ファインダー越しに見た水面は、透明度が驚くほど高いため、底が浅いのか深いのかわからなくなるほど、より抽象的に見えてくる。彼が切り取った写真は、実はとてもミニマルな世界だが、見方によっては不思議と壮大なランドスケープにも感じられる。そんな奇跡の対象をとらえた写真作品を、この一冊の本にまとめました。


大判カメラを使ったランドスケープ作品などの経験を経て、現在ではファッション誌やブランドのシーズンヴィジュアルなど、ファッションポートレイトの第一線で活躍するフォトグラファー水谷太郎。本書は、彼がアラスカという辺境から受けた衝動と、そこから抽出したオルタナティブな感性を色濃く反映した、自身発の作品集です。
B5変型 / 230mm × 180mm
平綴じ / 32ページ
限定 / 500部
12/8(土) 入荷予定
税込1,995円


standardbookstore at 16:30│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※