March 24, 2012

【BOOK】TRANSIT 第16号 「美しきドイツ プリズムの向こう側」

DSC_8463

Guten tag! Wie gehts dir?
Das ist TRANSIT issue 16!
あってますかね?

といわけで、みなさんが大好きなTRANSITの第16号(!) ドイツ特集が遂に発売となりました。

デザイン、アート、歴史、ビール、ジャガイモ、クラッシック、パンク、テクノ・・・。ドイツを愛する全てのひとへ!

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

DSC_8464
角田光代氏も冒頭に紀行エッセイを寄せています。
DSC_8465
DSC_8466
DSC_8467
クラッシックからレイヴカルチャーまで、様々な音楽文化が生活の中で交差するドイツ。

DSC_8468
シュヴァルツヴァルト(=黒い森)の中にひっそりと佇むある集落。

DSC_8469
DSC_8470
DSC_8471
DSC_8472
開放的でコンテンポラリーな気風の中、様々なアーティストや表現者が暮すのもドイツ。何をしてもいい、という責任を伴う自由の中でこそ、矜持を持って自らの表現と向き合えるのではないでしょうか。そういうところが個人的には大好きな国です。

DSC_8473
ドイツ最大のビールの祭典、オクトーバーフェスト。出来れば仕事中には見たくないページです。

DSC_8474
スタンダードブックストアにそっくりの従業員がいますが、人違いです。あしからず。

DSC_8475
ぼくも何年か前に一度ベルリンに行ったことがありますが、本当にパンクスが多い。これでも減ったほうだと教えてもらいましたが。大体にこやかにタバコをせがまれ、あげると世間話が始まります。オススメのクラブや良いバーを教えてもらったり、憎めない感じでした。そりゃ嫌なやつもいましたが、、わりと良い思い出です。

DSC_8476
特別付録は小冊子「ドイツプロダクト王国」。デザインと工業の国の真髄を、ぜひポケットサイズで。

日本人と似てるようで・・・全然似てなかったり・・・なドイツ人。とはいえ単一民族ではない、移民文化も混ざり合ったマーブルな文化観で構成された不思議な国であるように思います。保守と革新が折り重なる独自のバランス感覚から、われわれが学ぶことも多いのではないでしょうか。

それではみなさん、ぜひ買ってくださいね!

Tschuess!!

TRANSIT 第16号  「美しきドイツ プリズムの向こう側」
¥1,800税込
BF&1F

*購入者には先着でポストカードもプレゼント中!!!(なくなり次第終了)





standardbookstore at 12:07│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※