February 20, 2012

【EVENT】『続・ぼくの鹿児島案内』刊行記念    岡本仁×谷口純弘特別対談トークショー&サイン会

kagosima
2012年3月11日(日)12時〜 

『続・ぼくの鹿児島案内』刊行記念 

岡本仁×谷口純弘

特別対談トークショー&サイン会!!

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

『BE A GOOD NEIGHBOR 続・ぼくの鹿児島案内』

2/10発売になりました!

岡本仁さんの待望の新刊、
そして前作
ぼくの鹿児島案内
『ぼくの鹿児島案内』の続編です。デザイン性だけでなく実用性も兼ね備えた一冊で、地図、各店や施設の電話番号と住所などのインフォメーションを記載したページも!

新幹線も通ったということでより身近になった鹿児島。
鹿児島ってこんなに豊なんだと実感させてくれる一冊です。

発売を記念して、著者である岡本さんと
当店ご近所digmeoutプロデューサーの谷口さん
特別対談トークショーを開催!

SN3F9454
岡本さんと谷口さんは、岡本さん編集のフリーペーパー
art for all No.9の連載、どうして、人はアートを買うのか 
第八回「谷口純弘とジュヌビエーブ・ゴクレール。」が縁。

岡本仁さんのブログ↓ 
HERE TODAY と BE A GOOD NEIGHBOR

終了後はサイン会も行います。
ぜひご予約ください!!!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『続・ぼくの鹿児島案内』刊行記念 
岡本仁×谷口純弘特別対談トークショー & サイン会

【出演】
岡本仁
谷口純弘

【日時】
2012年3月11日(日)
開場11:30 開演12:00 

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■営業時間:11:00〜22:30


【料金】
1,000円(税込)
★1ドリンク付き!

※当日のご入場はチケット番号順です。
※チケット番号は予約順ではなく、ご入金順になります。
※チケット引換が遅くなりますと立ち見になる場合がございます。
※ご予約数によって当日券の発売を中止する場合がございます。



【予約方法】
,電話(06−6484−2239)
△翰菘后淵好織鵐澄璽疋屮奪ストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
メール

【チケット引換方法】 ※なるべくイベント前日までに引換ください。
ご来店のみ。(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)

★会場入場にはチケット引換が必要です。

【メール予約】

以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント3/11 岡本仁×谷口純弘 特別対談
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お電話でのご予約:06-6484-2239

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<プロフィール>
岡本仁│Hitoshi Okamoto
1954年北海道生まれ。マガジンハウスにて「BRUTUS」「relax」「ku:nel」等の雑誌編集に携わったのち、2009年ランドスケーププロダクツ入社。新プロジェクト「BE A GOOD NEIGHBOR」を担当している。著書に『今日の買い物』『続 今日の買い物』(ともにプチグラパブリッシング)がある。またマガジンハウス在籍中に手がけた雑誌図版については、「東京の編集」(編・著:菅付雅信 / ピエ・ブックス)において詳細が掲載されている。『HUGE』(講談社)にて「果てしのない本の話」、『暮しの手帖』(暮しの手帖社)にて「今日のお買い物」を連載中。

谷口純弘│Yoshihiro Taniguchi
1963年生まれ。FM802プロデューサー。アメリカ村「digmeout ART& DINER」プロデューサー。若手アーティストを起用した起業プロモーション、国内・海外での展覧会など「街」と「アート」と「人」をつなぐ仕事をしている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回のトークショーは、
「ぼくの鹿児島案内。」「続・ぼくの鹿児島案内。」を
まだ見たことがない、という方にもご参加いただきたいのです。
特にいつもよくスタンダードブックストアをご利用のお客様に。
その理由は、当店のお客様には「編集」ということに
大変興味をお持ちの方が多くいらっしゃいます。
そんな方々は、「岡本仁」という名前を知らなくても必ずどこかで
相当岡本さんの仕事に出会っているのです。
SN3F9456
残念ながら現在絶版になってしまっている
2007年発売の「東京の編集」
編・著:菅付雅信!/ピエ・ブックスを参考書に少しご紹介。
SN3F9457
この書籍は11名の名・ベテラン編集者へのインタビューを元に
「編集とはなんだろう?」という菅付さん自身への問いかけを明らかにするとともに、これから編集に携わろうとする若い人たちへの指南書にもなっている、いろんな優しさ溢れる内容になっております。
SN3F9458
そんな本書の中に「岡本仁」さんも登場しております。SN3F9459
「編集は深めるよりも広めること」
というタイトルで、音楽と雑誌にかぶれる少年時代から、
SN3F9460
フジテレビ系列の北海道文化放送に就職し、
広告営業を担当を経て、1983年マガジンハウス広告営業部への転職。その当時マガジンハウスで発行していた「エル・ジャポン」担当から1年後には編集部へ。
SN3F9461
「エル・ジャポン」を2年半経験した後、念願の「BRUTUS」で2年半。次は1989年から「ターザン」に2年。お次は旅行誌「ガリバー」。
SN3F9462
1年半後(1992年〜1998年)には2度目の「BRUTUS」へ。
そして1998年「リラックス」編集長に。当時の椎根和編集長から
“君は生意気そうだから”編集長をやれと言われたとのこと。
1999年に休刊した「リラックス」ですが、
第二期の編集長としても2000年〜2004年を経験。
お次は3度目の「BRUTUS」に1年。
SN3F9463
そして「クウネル」へ。
という岡本さんの筋金入りの編集人生をたどることができる、
インタビューもたっぷりあり、雑誌好きには嬉しい内容になってます。
岡本さんにとって編集とは?の問いかけに、
「何か結び目を解く感じですかね。」ではじまる答えを
興味のある方はぜひどこかでご覧下さい。

そんな岡本仁さんのトークショーは、

kagosima
2012年3月11日(日)12時〜 

『続・ぼくの鹿児島案内』刊行記念 

岡本仁×谷口純弘

特別対談トークショー&サイン会!!

終了後はサイン会も行います。
ぜひご予約ください!!!!

standardbookstore at 18:26│Comments (0)clip!EVENT 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※