December 28, 2011

【BOOK】「JAPANGRAPH ジャパングラフ」取扱い始めました。

main_logo

「七雲」が発刊する新しい暮らしと価値を探す冊子、「JAPANGRAPH ジャパングラフ」の取扱を始めました。1号につき1都道府県を写真で特集する、日本のあたらしい切り口です。現地で働く人々、生活、くらし。まるでカメラなど無いように"普通"に振舞うひとびとに学ぶことは多いように思います。


速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

01/47号・・・滋賀(¥800税込)
ご近所さんなのに知らないことが多いですね。
こっちにないものがあるのだと改めて気づきます。(逆も然りですが)
siga-thumbnail
DSC_0071
DSC_0068
DSC_0067
DSC_0066
DSC_0065


02/47号・・・岩手(¥1,050税込)
震災前の東北の風景を見ると、考えさせられることも多く。
後半の石川啄木を引用した連作の写真に胸を締め付けられました。
japangraph-iwate
DSC_0077
DSC_0078
DSC_0079
DSC_0080
DSC_0081
DSC_0084
DSC_0086
DSC_0087


03/47号・・・愛媛(¥1,050税込)
西日本ですが僕は行ったことが無く。
3冊のなかで、暮らす人々のひととなりを一番ミクロな視点で取り上げているように思います。
japangraph3
DSC_0093
この半裸で(たぶん)呑んでる写真が好き。
DSC_0094
DSC_0095
DSC_0096
DSC_0099
DSC_0100
DSC_0101


"地場"を目の当たりにしたような毎号の特集です。

個人的な話ですが、地方都市の中核市で育ちました。父方も母方も祖父母はのどかな田舎で暮らしていました。「言語は自立する」と、ヘルタ・ミュラー(ルーマニア出身/現在ベルリンにて執筆のノーベル賞作家)は作中で登場人物の口を通じて語らせていますが、僕に染み付いた方言もまるで意思を持ったように強固にいまだ消えません。帰郷するときなど、県境を目前にしたあたりから、不思議なことに頭の中での考え事も自分の方言で始めます。夢も方言で見るようになります。大阪へ戻ると、僕もまた方言を喋らない自分に戻ります。スイッチが、あるんでしょうね。生活や地場の。

ページを捲りながら、そんなことを考えました。



BF/国内旅行の棚にて取扱い

standardbookstore at 20:12│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※