October 18, 2011

【EVENT】11/17 ナガオカケンメイさんも参入!吹田良平×服部滋樹スペシャル対談”コミュニティと都市再生

29745286
11/17(木)19:30〜の『グリーンネイバーフッド』著者、吹田良平さんとgraf服部さんの対談にナガオカケンメイサンも参加していただくことになりました。

『グリーンネイバフッド』は先月の『コミュニティトークショー』の際にナガオカケンメイサンがお薦めしていた本で、アメリカ・オレゴン州ポートランドの都市再生を豊富な写真とともに紹介した素晴らしい本です。d design travelを編集しながら様々な街づくり、コミュニティ事例を知るナガオカさんが対談に加わり話がどんな方向に向かうのかさらに楽しみが増しました。ご予約はお早めに!

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

イベントの内容ですが、
前半約1時間は吹田さんによる『グリーンネイバーフッド』の内容に沿ったポートランドの都市再生事例をスライドを交えながら講義していただきます。

以下『グリーンネイバーフッド』から
『私のいうアーバンネイバーフッドとは、都市の高層ビルや喧噪、文化的刺激に囲まれた小さなコミュニティを指す。』(ポートランド・パールディストリクトの生みの親、ホーマー・ウィリアムス)

『つまり、お互い同士が「知らない」ということを前提にしなければ、コミュニティ意識は生まれにくいんじゃないかしら。コミュニティをつくるという当事者意識を居住者それぞれが持っているんだと思うわ。』(パールディストリクト住人、建築家、パトリシア・ガードナー)

『大事なのは常にストリートに芽生えるユーススピリットのほうだということを、肝に銘じる必要があります。彼らがその気になって動き始めなければ、社会的な新しいムーブメントは決して起こらないのです。』『ストリートレベルにおけるユーススピリットの存在に注意を払い、見つけ、見守る寛容性とリスクテイクする包容力をもったビジョナリーの存在さえあれば、街はそう簡単にマネーマーケットに蹂躙・消費されるものではないと思います。』(ワイデン+ケネディグローバル・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター、ジョン・ジェイ)

『街には人々の興味関心やパッションがうまく伝搬していくのに適した人口密度があって、今ポートランドはちょうどその状態なんだと思う。』『まさに街中がhappenしてるって状態にある。それが実現するには、人々の適度なタイト感が前提となるけど、ポートランドの今がまさにその密度なのさ。』(COMPOUNDオーナー、田中カツ)

『掲げている使命は、これはあくまで僕なりの表現なんだけど、社会的な問題や課題に対して創造的に解決できる人材を育成する、というもの。』『街にどういうお洋服を着せてコミュニケーションを図るかではなく、どうやってオリジナリティのあるコミュニティを創り出すかのほうが重要じゃないかな。』(PNCA入学カウンセラー、パトリック・メルロイ)

『生態系がうまく機能している森を歩けばよく分かるけど、多様性こそが健全の証でしょ。だから私たちはここを一つの生態系として捉えているの。』(ジーン・ボリューム・ナチュラル・キャピタル・センター イベント担当ディレクター、シドニー・ミード)

『スペンサーの考えた施設のコンセプトは、誰もが自由に出入り可能な社会に対して開かれた場所=マーケットプレイスの創出。さほどエコ活動に興味がなく、単にランチにピザを食べに来た人でも、中で行われているハプニングやイベントに接したり、・・・・・・・』

後半40分程度で吹田さん、graf服部さん、ナガオカケンメイさんで都市再生やコミュニティについて対談していただきます。

お薦めの本も改めてご紹介したいと思っております。
お楽しみに!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『吹田良平 × 服部滋樹 スペシャル対談 ”コミュニティと都市再生”』 &ナガオカケンメイ

【日時】
2011年11月17日(木)
開場19:00  開演19:30 
※21:30終了予定(前後する場合がございます)

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■営業時間:11:00〜22:30

【料金】 (1ドリンク付)
前売:税込1,200円  当日:税込1,500円

※ 当日のご入場はチケット番号順です。
  開場時刻に遅れた場合は、チケット番号順にご入場できません。
  チケット番号は、チケット代金をご入金いただいた順番です。
※チケット引換が遅くなりますと立ち見になる場合がございます。


【席数】
予定数終了次第締め切り

【予約方法】
,電話(06−6484−2239)
△翰菘后淵好織鵐澄璽疋屮奪ストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
メール

【チケット引換方法】 ※なるべくイベント前日までに引換ください。
a.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋BFレジカウンターへお越しください)
b.お振込み確認後郵送
(振り込み手数料は、お客様ご負担でお願いいたします。
 チケット郵送手数料として、1枚あたり500円必要です。)

★会場入場にはチケット引換が必要です。当日入場口への整列はチケット番号順となります。
 ⇒チケット引換とは、店頭での入場料お支払、またはお振込みでのお支払となります。
★会場への入場は、チケット番号順での入場となります。 
 ⇒チケット番号は、お支払完了順にお配りします。

【メール予約】

以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を
入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント11/17 『スペシャル対談 吹田氏×服部氏』
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お電話でのご予約:06-6484-2239

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【出演者プロフィール】

吹田良平│Ryohei Suita
1963年生まれ。株式会社アーキネティクス取締役。大学卒業後、浜野総合研究所を経て2003年より現職。施設開発、都市開発の構想策定を中心に、関連する内容の出版編集・制作も行う。主な実績に、渋谷QFRONT開発、商業開発専門誌『ZEROHOUR』編集・制作、『北仲BRICK&WHITE experience』編集・制作、『日本ショッピングセンターハンドブック』(商業界)共著等がある。


服部滋樹┃Shigeki Hattori
1970年大阪生まれ。98年大阪、南堀江にショールーム“graf”をオープン。2000年 “decorative mode no.3”設立。同年、中之島に移転し、“graf bld.”を設立。オリジナル家具の企画、製作、販売、店舗、住宅設計、施工、グラフィックデザインまでプロジェクト単位でチーム編成を交換しブランディングに至るまで様々なジャンルを行き来する。

ナガオカケンメイ┃Kenmei Nagaoka
1965年北海道生まれ。2000年デザイナーが考える消費の場を追及すべくデザインとリサイクルを融合した新事業「D&DEPARTMENT PROJECT」を開始。2009年d design travel創刊。


standardbookstore at 14:28│Comments (0)clip!EVENT 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※