January 07, 2011

自分で作ると

SN3F9661
スタンダードブックストアではここしばらく什器や商品陳列に使う小物などを自作で作っています。
当店blogの右側にある『カテゴリー別アーカイブ』の
WOODWORKに少し紹介しております。
作っているのは皆さんも良くご存知の
スタンダードブックストア秘密工作隊隊長のH
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

SN3F9662
最近の作品は、昨年12月11日に開催した奥野宣之さん著「人生は1冊のノートにまとめなさい」出版記念トークショーに際して作った
1F文具コーナーの陳列用小物です。SN3F9663
ポストイット、マスキングテープ、カッターなど奥野宣之さんが著書で紹介している文具の中でも小物を陳列するための木箱を作りました。SN3F9660
木の温かみある質感と使い勝手の良さで、担当者から次々とサイズ違いの作成依頼が入っております。

SN3F9664
スタンダードブックストアへご来店いただいた方にはご存知、
店に入って1F右手の女性誌から始まる雑誌サイズを想定して作られた壁面什器です。
これはスタンダードブックストアOPEN時にちゃんとしたプロに作ってもらったものです。
しかし、そんな勝手な想定どおりに雑誌が売れるわけはなく、今では文庫も多く並んでおります。しかし、雑誌サイズがピタッと収まるサイズで作ったため文庫を並べるとかなり貧相に見えてしまします。
SN3F9666
そこで秘密工作隊隊長。
「文庫を2段に陳列できるようにして欲しい。ただし、どこに文庫をどれだけ並べても対応できるように!」という私の難問に見事な回答をくれました。
SN3F9667
文庫サイズをほんの少しだけ大きくした箱を作ってくれました。しかも釘を使わず、ペイントをし、さらに角をサンドで削ったやさしい仕上げ。
SN3F9665
箱をこうして文庫を上に置き、
SN3F9668
こうすればすっきりと文庫を2段使いできます。
もちろんこれも追加発注しております。
自作というか、一緒に働いてるスタッフに自分が想定した商品をより理想に近いカタチでご来店くださったお客様に見てもらえるように作ってもらったモノを使うと、より一層商品への愛着も強くなります。
洋雑誌、旅行書、ZINE、文具、ポストカードなど自分の担当ジャンルやそうでないジャンルを含めまだまだ理想の提案が出来ていない商品が山ほどあります。
本日より5連休の隊長が戻ってくるのが待ち遠しい今日この頃です。


standardbookstore at 18:20│Comments (0)clip!WOODWORK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※