October 24, 2010

【BOOK】世界で最初の「生活工芸」の本。

31W62XiIJdL__SL500_AA300_
ここに集められたものたちはみんながいいと感じられるものばかりである。それは極まった必然の姿である。このものたちを工芸品と呼ぶか、民芸品と呼ぶか、工業製品と呼ぶか、あるいはデザインや美術品と呼ぶかの定義は難しい。これは作家やデザイナーが創作した形ではない。「みんなのかたち」である。みんなが生活から割り出したかたちである。(深澤直人)
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

今月中旬まで金沢21世紀美術館にて開催されていた「生活工芸」展のまとめとして出版された本作。生活の内部から生まれ、外部へと静かに遊泳していくような"もの"の数々。

過剰消費社会だと批判されて、ついつい、自分も悪いんじゃ?と思ってしまいますが、それもそれでどうなんだろうなーと。大切にしようしようと思って使うよりも、気づいたら10年20年使ってた愛着と生活の相棒がひとつあるほうが、とても幸せなことなように思えました。

泊昭雄氏の写真もすばらしく、そしてまた選者もすばらしい。当店にもファンの多い方々がずらずら。

○参加セレクター

辻和美 (ガラス作家)
三谷龍二 (木工デザイナー)
平松洋子 (エッセイスト)
内田鋼一 (陶芸家)
高橋みどり (スタイリスト)
泊昭雄 (フォトグラファー)
金森香 (シアタープロダクツ ディレクター)
エフスタイル (プロダクトデザイン)
伊藤まさこ (スタイリスト)
岡戸絹枝 (元クウネル編集長)
山本太郎(ニッポン画家)
関昌生 (古道具店店主)
オカズデザイン (料理家)
ユキパリス (キュレーター)
服部滋樹 (デザイナー)
大井幸衣 (n100 ディレクター)
清野恵里子 (随筆家)
千宗屋 (武者小路千家次期家元)  

全18名

ものづくり日本がこれからどうなるかは分からないんですが、こういう生活の端々を、どうでもいいようでよくないものを、誰かが誰かのためにちゃんとつくったものを、ちゃんと使える人間になりたいと思います。

インタビューなど、一部は英語での対訳がついていますので、こんなニッポン土産を外人さんにあげるのも宜しいのでは。

当店にある本だと、選者としても参加した三谷龍二氏が好きな方など、ぜひです。

CA3G01010001
CA3G00970001
CA3G01000001
CA3G009900010001
CA3G009800010001


ぼくにも10年以上使い続けて、これからもたぶんずっと使い続けるであろうものがあります。そんなこと考えながら読みました。

「生活工芸」
リトルモア
¥2,100(税込)

BF・デザイン/民藝の棚にて展開中です。

standardbookstore at 20:47│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※