September 29, 2010

【BOOK】うまくて酔わせる・・

4170kPoQy%2BL__SL500_AA300_
というわけで、「ロング・グッドバイ」です。昔は「長いお別れ」として知られていました。私なんぞは、この「長いお別れ」(こっちのほうがかっこいいですよね)清水俊二さん訳で慣れ親しんできました。

村上春樹さんがチャンドラーを訳すると最初きいたときは!??、という感じでした。でも実はこの「長いお別れ」には相当の思い入れがあるようでして、「グレート・ギャツビー」(フィッツジェラルド)と並び、最も愛する本のひとつのようですね。

この本はとにかく「カッコイイ」のです。「うまい作家は山ほどいるが、うまくて酔わせる作家は少ない」といわれております。

「テリー・レノックスとの最初の出会いは、〈ダンサーズ〉のテラスの外だった。ロールズロイス・シルバー・レイスの車中で、彼は酔いつぶれていた……」

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた……大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。と紹介されています。

「ギムレットには早すぎる」など、名ゼリフがいっぱい。

しかし・・私はこの村上版「ロング・グッドバイ」を読んでいないのです。それは清水俊二さんの、親しんだ訳版の印象があまりに強いからなのです。

村上版と清水版を比べてみるのも一興、かも知れませんが。しかし、表紙は村上版(単行本、2番目の赤いヤツ)が圧倒的によい。デザインは私の好きなチップ・キッドさんです。それに比べて文庫版(最初の画像)の味気ないこと・・・

「ロング・グッドバイ」村上春樹 訳 早川文庫 絶賛発売中です。

そろそろ映画「ノルウェイの森」も情報がチラホラ出てきてるみたいですね。どうなることやら・・

standardbookstore at 19:54│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※