July 16, 2010

【WOODWORK】工作ブログ改め、引き取りブログ

Image339こんにちは、スタンダードブックストア工作担当Hです。久方ぶりの工作ブログはいつもとは少しちがった趣のようです。
7月某日
13PM。いつものように自転車でホームセンターへ木材の買い出しに出発。
間もなく一通のメールを受信。
以下友人の家具職人Kさんより
「創業50年家具総合卸問屋倉庫が明朝から解体につき古木等必要ならば本日18時までに現地来られたし。至急連絡求む」
先日Kさんに古木が出て来たら是非御一報下さいと執拗にお願いしておいたのです。早速の吉報。それに大規模。一瞬目眩。
興奮覚めやらぬ中、直ちにスタンダード本部に緊急連絡致しました。
即座にGOサイン
という訳で、、、
倉庫引き上げ初潜入決定。
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

Image33318時現地到着
素早く現場検証。
まずその広さに驚き。3階建てでさらに屋上があり。床面積は体育館1.5倍くらいはあります。壁は5メートル近く。美術館のようです。中央には憧れの金網式のエレベーター。憧れの空間
本題の古木はと言うと床板です。厚みのある50年ものの杉板で床全面黒光り。しかし、ここで問題発生。

Image336床板は五寸釘(約15センチで何箇所もがっちり固定。丸ノコがないと難しいようで…ためしにバールで力ずく、びくともしない…
何とかして欲しい。丸ノコをもって来たとしても早朝に電気は止めてしまったらしい。万事休す。
悲しいけれど諦めざるおえない。
無念。しかし、私には長く感傷に浸っている時間はありません。

手ぶらで帰るつもりなど毛頭ありません。
頭上に輝くホコリまみれの古い蛍光灯を見逃すはずがありますまい。
BlogPaint早速交渉
「この蛍光灯は頂けますか?」
「いいですよ。1個?2個?」
「いえいえ、全部」
「?…えっ………好きにして下さい。」
なぜこんな物が欲しいのか心底わからない表情。
とにかくやったぁ−!!
言ってみるものである!
その数100個近く…
取れるだけ頂いていこう。
20個確保。タイムリミット。
しかし、まだまだある…すると…
「明日は足場組むだけやから、まだ欲しければ明日おいで」
やったぁ−!!
二日目決定。
現場の人に混じって35個確保。合計55個。全体の約2分の1を確保まだまだありますがもう十分です。代車も限界。現場の神経質なムードにも限界。撤収。
Image341


ここからが問題。代車ごと電車に載せるつもりだったのですが到底無理。乗車拒否。徒歩決定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






通常なら電車で15分程度の距離、歩きました。その間幾多の苦難もありました。蛍光灯が何度崩れ落ちたか。雨の中、泥まみれ。
12時現地から出発。
スタンダード到着17時。5時間……もう言い残すことはありません。
いくつか修理しなければなりませんが、電気系の修理は最も好きな部類。100Vで手首まで200Vで肘まで通電するそうです。
蛍光灯内部に取り付け日が記載されていました。昭和40年。大切に使います。
ガラクタ、一文字変えてオタカラ。
御清聴ありがとうございました。
BlogPaint








天王寺動物園前にて。

standardbookstore at 23:01│Comments (0)clip!WOODWORK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※