May 30, 2010

【BOOK】書かれてはならないものが書かれてしまった

61RoP-uL1cL__SL160_AA160_ 「それが誰にもすらすら読めてしまうのだから、これは僥倖と呼ぶしかない稀有の事態である」 蓮実重彦

「あらゆる表現の醍醐味が縦横無尽に編みこまれたこの「大きな小説」に10年代の初めに出合えたことが嬉しい」 川上未映子

「今年はこの本を読めたからもうそれだけで良い、と思えました」 伊坂幸太郎

これほどまでに人々をとりこにする小説は。 
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

阿部和重 「ピストルズ」。神の町に住まう哀しき一族をめぐる大サーガ、開幕。

665ページの大著。手に取るとずしりと重い。阿部和重さん 初体験のわたしには、これは・・・。
「すらすら読める」といった一方で「読みにくい」という声もある。開いてすぐの「家系図」(?)をみただけで「・・・・・」となる人がいるのもわかるが。

この大著が世間でも、そして当店でも売れている。私の「初」阿部和重にする勇気はないので、「初」は

612DADSY8TL__SL500_AA300_41f1eiW9sJL__SL500_AA300_






「アメリカの夜」 講談社文庫 か、
「グランド・フィナーレ」 講談社文庫 どちらかにしよう。

前者の解説は、あの佐々木敦さん。 群像新人文学賞受賞作。お、読めそうだ。書名が私の偏愛する映画「アメリカの夜」 (フランソワ・トリュフォー監督)と同じなのも好材料だ。

後者の解説はあの!!高橋源一郎さん。(新作「悪と戦う」も売れてます。)こう書いています。
「これは、「人間」も「人間」の形をしたにすぎないものも区別できない「小説」らしきものが横行するこの時代に登場した、ほんとうに数少ない「小説」の一つなのである」・・・・・しかも芥川賞受賞。きっと賛否両論あったに違いない。

地下 小説コーナー 日本文学最前線作家の棚に「ドン」とすべておいております。
高橋源一郎さんはじめ多くの「本物」の方々に衝撃と感激をあたえる阿部和重さん。
これからも注目です。

standardbookstore at 18:37│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※