May 09, 2010

【BOOK】春樹さん訳なのに、売れない。

100508_1937~01 村上春樹さんが翻訳する本は売れる。グレイス・ペイリーの文庫2点。
フィッツジェラルド , カポーティ ,
チャンドラー , サリンジャー。
だがティム・オブライエンは・・・
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

売れません。
ティム・オブライエン(Tim O'Brien、1946年10月1日- )は、アメリカの作家。ミネソタ州オースティン生まれ。大学卒業後、歩兵としてベトナム戦争へ従軍。帰国後に作家デビュー。一貫してベトナム戦争、および1960年代後半のアメリカを描いている。
代表作は
ニュークリア・エイジ』"The Nuclear Age" (1985)
元チアリーダーの過激派で「筋肉のあるモナリザ」のサラ、ナイスガイのラファィー、200ポンドのティナに爆弾狂のオリー、そしてシェルターを掘り続ける「僕」 …’60年代の夢と挫折を背負いつつ、核の時代をサヴァイヴする、激しく哀しい青 春群像。かれらはどこへいくのか?フルパワーで描き尽くされた「魂の総合小説」。

本当の戦争の話をしよう』"The Things They Carried" (1990)
村上春樹が敬愛する作家の短編集。ヴェトナム戦争で若者が見たものとは?胸の内に「戦争」を抱えたすべての人におくる真実の物語

世界のすべての七月』"July, July" (2002)
30年ぶりの同窓会に集う1969年卒業の男女。結婚して離婚してキャリアを積んで…。封印された記憶、古傷だらけの心と身体、見果てぬ夢と苦い笑いを抱いて再 会した11人。ラヴ&ピースは遠い日のこと、挫折と幻滅を語りつつなおHappy Endingを求めて苦闘する同時代人のクロニクルを描き尽して鮮烈な感動を呼ぶ傑作長篇。
(以上、文春文庫 解説より)

なぜ、村上春樹がほれ込んだのか。どれか1冊読めばわかるはず。なにせ村上春樹の訳した本に(このみの差はあっても)ハズレはほとんどないのだから・・

グレイス・ペイリーのように当店だけでバカ売れしてほしい作家です。(ペイリーはなぜかよそでは売れていないようなのに、うちでは売れているのです)

当店地下 村上春樹翻訳本コーナーにあります。   

standardbookstore at 18:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※