March 26, 2010

【BOOK】 August Sander -People of the 20th century 入荷

0001はじめまして、スタンダードブックストア工作担当Hでございます。
今日は工作に関してのブログを書きたく・・・否!否!否!
それはまたの機会といたしまして今日は写真集を紹介させて頂きたく思います。そうです。それも私が最も尊敬している写真家アウグスト・ザンダー!皆さんご存知でしょうか。写真史における最重要人物であり、その作品はマスターピース オブ フォトグラフィーであります。その割りに認知度が低いのが残念なのですが、近年再評価されていおり、今後写真集の入手が難しくなることが予想されます。
今月のポパイ3月号でファッションディレクターの祐眞朋樹氏のお勧め写真集にも掲載されており、収められた1000カット以上の写真は19・20世紀のファッションを研究する上でも大変重要な資料となっております。
そのザンダーの写真集が3冊!入荷されました!涙
今回はその3冊の中から1冊紹介させて頂きます。
その名も『二十世紀の人間たち』
なんとも壮大なタイトル。そしてなんと7冊で1冊!総ページ1400!かなり重たい・・
augb

さてさて、そもそも、ザンダーとは一体どんな人物?
他の写真家の写真と何が違うのでしょうか。
と言う人も多いかと。まずはこれらの写真をご覧ください。

←August Sander
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

0006








農夫

0003








革命家

0004








若い農夫

0005









レンガ運びの男

0007









画家の妻

0008








若い兵士

0002








盲の子供(最後の人間達)


さてさて、ザンダーは一体全体何のためにこの膨大な写真を撮り続けたのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜ人々を類型化し、緻密な描写で図鑑のように・・・
そこにはドイツの歴史とザンダーの息子エーリッヒ・・・・
上の人々の眼差し・・・特に革命家の・・・尋常なものでは・・・ないように見えないでしょうか。
すみません。これ以上、私の言葉で語るのはおこがましく思う次第であります。
のでザンダー自身の言葉で
「見る、観察する、そして考える・・・われわれは真実を見ることに耐えることができねばならない・・・そして後世に伝えるべきである・・・われわれの時代について、そして人間たちについて」1927年11月
歴史的価値はもちろんですが、何度開いても新しい発見のある貴重な写真集です。みえないものにたいする視界の開放。そんなことを始めて考えさせられた写真家であります!
とにもかくにも実際に店頭にて見て頂きたく。
価格は18800円です。箱角に若干ダメージありですが一冊のみの入荷です。お急ぎ下さいませ。



standardbookstore at 11:09│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※