February 25, 2010

【BOOK】京都の闇がのしかかる

41W6L-Ux4WL__SL500_AA240_ 京都には魔物がいる・・これを読んでそう思った。今、大人気の森見さん。この本は森見さんの他の本と少し違っておどろおどろしい(らしい)。といっても私はこの本しか読んでいないのですが・・

この世ならぬものは、日常生活のすぐ隣にある・・ぽっかりと、口を開けてあなたを待っている。あるいは遠い積み重なった時間のすきまからやってくる・・

本書はいわゆるホラーではない。はっきりした結末や、落ちや、どんでんがえしや、カタルシスとは無縁の本である。

本書にはイタチの姿をして「魔」が出てくる。私にはこんな経験があります。夜中に家の前でタバコをすっていたら、向かいの雨どいからイタチが出、こちらに気づかずに私の方へひょこひょこきたのです。私がわざと急にたちあがったらイタチが腰を抜かさんばかりにおどろいて逃げ去りました。数メートルはなれたドラム缶の陰でたちどまり、こちらにむいて「ギギギギ」と歯をむいてうなったのです。

「きつねのはなし」をこれより先に読んでいたらわたしが腰を抜かしていたでしょう。
ちなみにわたしは大阪市民です by
「残念な」店長

standardbookstore at 15:55│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※