February 21, 2010

【EVENT】 森見登美彦さん ご来店!

100220_1521~01100220_1541~01












本の作者が学校を訪ね、「授業」をするオーサー・ビジット。その特別版「中高生のための読書講座〜オーサー・ビジット校外編」を朝日新聞社とJPICがはじめました。
 第3回の講師は代表作に『夜は短し歩けよ乙女』(2007本屋大賞第2位、第20回山本周五郎賞)や『太陽の塔』(第15回日本ファンタジーノベル大賞)がある作家の森見登美彦さん。スタンダードブックストアで、森見さんの作品の読書会、トーク、質疑応答が行われ、大盛況でした。



速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

100221_1547~02100221_1546~01







本当に森見さんの作品がすきっ!な学生さんが集まり、どきどきとワクワクがこちらにも伝わってきました。わたしはこういう催しを目の当たりにしたのは初めてでしたが、みなさん、有意義な時間をすごしていただいたようでよかったです。こういう場がすくないのでしょうか。

さて、森見さんは一見、どこにでもいらっしゃる(失礼!)青年さん、という感じでした。学生さんの質問にとても誠実に答える姿に、お人柄が伝わってくるようでした。シャイな感じで、あ、いかにも・・。お書きになる本と違和感の感じられない先生でした。

学生さん読書会のあとは休憩をはさんで一般の部のサイン会が行われました。とてもたくさんの方にお越しいただき、こちらも大盛況。定員に達したあともお尋ねの電話がワンワンかかってきました。参加できなかった方々、ごめんなさい。参加いただいた皆様、ありがとうございました。

先生は腱鞘炎寸前。いったい何人分のサインをかかれたでしょう。終了後、専務が非道にも「店の本にもサインを・・・」

こころよく応じていただいた森見先生ありがとうございます。そして朝日新聞社さん、JPICのみなさま、ありがとうございました。

というわけで!森見先生のサイン本、(先生の血と汗の結晶?)あります。

 「宵山万華鏡」
 「恋文の技術」
 「美女と竹林」
 「有頂天家族」  売り切れ御免。お早めに。

standardbookstore at 21:30│Comments (0)clip!EVENT 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※