January 24, 2010

【BOOK】夜はやさし。

41KSBYFA5RL__SL500_AA240_ 「しん」、とした小説、であった。愛しいものはすぐ近くにあって、夢見るものは遠い遠いところにある。そんな本であった。 
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

SN3F3959 吉田篤弘さんの「つむじ風食堂の夜」である。いつとも、どことも知れない(月舟町という名はあるが)どこか「遠い」町で暮らしはじめたわたし。日が落ちてから開く食堂。名前はないがいつ、誰ということなく「つむじ風食堂」と呼ばれている。

十字路の角にあって、いつもどこからともなく風が吹き、店の前でつむじ風を巻き起こす。深くなってゆく夜。月明かり、星明り、どこからかもれる店明かり。「しん」とした小説であった。「遠い」小説?「はるかな」小説?こんな言葉が浮かぶ。

「先生」ことわたしと、この町で出会った人々との、これまた「遠い」ような「近い」ようなココロ模様。食堂のおじさんだって、帽子屋の桜田さんだって、イルクーツクに想いをとばしている果物屋さんだって、デ・ニーロの親方だって、タブラさんだって皆温かみを持って立っている。「遠く」「しん」とした本でありながら人々は体温を持った人として描かれている。過去や、性格などをこと細やかに書き込んでいるわけではないのに「隣に」立っているように、横から温かみが移ってくる。

どこかへたどりつくわけでなく、区切りがつくわけでなく、わたし、や周りの人々は日常を丁寧に積み重ねていくのだろう。本を閉じたあと、皆の行く方に想いをはせてしまう。

先日ご紹介しましたとおり、吉田篤弘さん直筆サイン本の「つむじ風食堂の夜」あります!大変好評につき、どんどん減っていっております。お早目のご来店を強くおすすめします。

吉田浩美さんとのダブル!直筆サイン本の「ないものあります」(文庫)「テーブルの上のファーブル」(単行本)も今ならございますよ。

追伸・・・・登場人物の、奈々津さんに惚れてしまったかも知れない・・・「わたし」がドキドキしたようにこっちまで「ドキドキ」してしまいました・・・
これは恋か?きぅとそうだ。

奈々津さんについて男性諸氏の意見をききたい。

 by 「残念な」店長

standardbookstore at 18:31│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※