October 30, 2009

【CAMERA】ヴィンテージカメラフェア開催中!vol.2

本日はRICOHカメラのご紹介です。

日本を代表するカメラメーカーである「RICOH」は、前身である「理化学興業株式会社」から名づけられました。デジタル時代の現在でも『GR Digital』などでその実力を発揮し続けています。
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

【RICOH AUTO HALF】 税込¥21,000-

8621455
≪カメラ史に残る長寿命機≫
言わずと知れたリコーオートハーフは、1962年タバコサイズを目標に発売されました。
35mmハーフサイズのカメラは歴史的にいくつかの製品がありますが、戦後のカメラ普及時代に入ってハーフ判で成功したのは前回ご紹介した「オリンパスペン(1959)」です。ここで一般用ハーフサイズカメラが定着することになります。リコーは得意の自動化カメラの思想をさらに進め、画面サイズを小さくすることによってレンズの焦点距離が短くボディが薄くできることから、ハーフサイズで高度に自動化小型化したカメラを企画しました。フィルム巻上げはスプリング動力で自動とし、カメラの大きさはタバコのLMを目標にしました。

●60万個以上の販売実績
この目標を達成するには、動力用ゼンマイ材料の発掘、超薄型シャッターの開発など在来に無い考え方を、素材やコンポーネントのメーカーに説得する多大の努力が行われました。
デザインも在来のカメラとは異次元の外観で「ものすごく売れるか、全然売れないかのどちらか」と激論の末、発売に踏み切りました。その結果、20年間に50万個以上の販売実績となりました。
35枚撮りのフィルムでは72枚も写せるので、カメラの中で1年を越してしまうこともあり、DP屋さんの間に「カレンダーフィルム」という言葉ができました。


【RICOH 500G】 税込¥31,500-

ricoh_500g

1972年発売。フィルム感度の上昇とともに大口径レンズの存在は特殊になり、特にレンズシャッター式のコンパクトカメラではより小型軽量がユーザーの評価を得る必須条件になりました。
撮影レンズをF2.8とすることでシャッターに#000を採用できるので鏡胴を短く、径も小さくできる。
フォーカスを前玉回転とすることでさらに小型になりコンパクトカメラの名にマッチする形態に到達しました。


次回はフジ商品のご紹介を予定しています。

standardbookstore at 09:00│Comments (0)clip!ZAKKA | CAMERA
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※