September 30, 2009

【EVENT】下田昌克展『FACES』

ついにこの日がやってきました。

初めて下田さんにお会いしてから、9か月くらいですか・・・

なんたって日本にいらっしゃらない事が多い下田さん・・・


でも今回は、この1ヵ月の間にギャラリーだけじゃなく
いろんな企画が走ることになりました。

当然スタッフはバタバタしてますが、ギャラリーも
ご本人来店で夜中までかかってやりましたが
かなり納得いく仕上がりなんではないかと。

圧倒されるような雰囲気をぜひとも感じにお越しください!!


期間中、ギャラリー内ではこんなイベントも走ります!


?ライブペインティング

これは見たいでしょ。
テレビ出演もされたことがあるので、ご覧になられたことが
ある方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、特大サイズのキャンバスをご用意!
カフェ内特設会場にて実施です!

10月9日〜10日(トークショーまでに終了予定)

?【EVENT】下田昌克 × 高須光聖 トークショー &サイン会

詳細はこちら

すでにかなりのご予約数をいただいております!
ご予約はお早めに!→06-6484-2239



--------------------------------------

なお、今回のギャラリーは、カフェだけでは入りきらず、
どうにか探し出した展示場所が、エスカレーター!

ぜひエスカレーター付近にお立ちより下さい。
※逆走はご遠慮ください。





<下田 昌克>
1967年 7月24日生まれ。 兵庫県立明石高校美術科、桑沢デザイン研究所卒業。
1994年から2年間、中国、チベット、ネパール、インド、そしてヨーロッパを旅行。
その2年間に 会った人々のポートレイトを描き続け、1997年、日本に持ち帰った絵で週刊誌での連載を開始し、 本格的に絵の仕事を始め、現在に至る。

著作
2007年 「バナナの蜜」バリ島スケッチブック (講談社刊)
2002年 「PRIVATE WORLD」(山と渓谷社 刊)
2001年 「そらのいろみずいろ」(小峰書店 刊)

共著・挿絵
2004年 子ども版 声に出して読みたい日本語1
    どっどどどどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治(齋藤 孝 著/草思社)
2004年 うろこだま てのひらむかしばなし (長谷川 摂子 著/岩波書店)
2001年 「ぼくがぼくであること」(山中 恒 作/岩波書店)
2000年 「羽がはえたら」(ウーリー・オルレブ 作/小峰書店)

雑誌連載
2004年 「VS.」(光文社)
2000年 「月刊アウトドア」(山と渓谷社)旅行先で描いたポートレイトを、
文・写真と構成して連載。(1月〜2001年8月まで、全20回)
1997年 「週刊アサヒグラフ」旅行中に描いたポートレイトを一年間連載

テレビ
2006年 「情熱大陸」 MBS
2005年 絵本「そらのいろみずいろ」がNHK「てれび絵本」にて放映
2002年 北野 武の「二人のTAKESHI」 NHK
2002年 「幕末ヒーロー伝」第1話「鞍馬天狗」 NHK

その他
2007年 映画「クローズド・ノート」の美術に参加
2005年〜 月刊「文藝春秋」にて、山崎豊子「運命の人」の挿絵

●公式ホームページ
http://www.701-creative.com/shimoda/





standardbookstore at 16:31│Comments (0)clip!EVENT 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※