March 18, 2009

【BOOK】コーヒーをつぎ、タバコに火をつけたら、あとはぼくについてすべてを忘れてくれ。

はるきちゃん2 「ロング・グッドバイ」は別格の存在である。そこには疑いの余地はなく、見事に傑出したものがある。いくぶんおおげさな表現を許していただけるなら、それはほとんど夢のような領域にまで近づいている by 村上春樹 
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

はるきちゃん1 村上春樹による新訳版「ロング・グッドバイ」が早くも軽装版で登場。そう、レイモンド・チャンドラーの、あの「長いお別れ」の新訳である。
 「長いお別れ」・・・ある世代の読書家にとっては、まさに特別の存在である。
一般にはハードボイルド小説の代表作といわれるが、そのような枠組みには収まりきらないアメリカの、20世紀を代表するダイアモンドのような「小説」である。

 私立探偵が出ているから探偵小説だ、と言われればそれはそうであろう。しかし・・しかしである。これはすべての人に共通する普遍的な感情を扱った出逢いと分かれ、諦観と矜持の物語でもある。ここにストーリーについては書かない。1940年代、いやしき街、ロスアンジェルスを行く孤高の騎士、フィリップ・マーローにしびれて欲しい。冒頭のマーローとレノックスの出逢いの場面からして素晴らしい!

 本書は名ゼリフの宝庫でもある。本ブログのタイトルの一文もそうである。「ギムレットには早すぎる」「さよならをいうのは少しのあいだ死ぬことだ」などなど・・


 村上春樹の訳だから・・・。理由はなんでもよい。この本を、そしてすべてのチャンドラーの著作をぜひ読んでもらいたい。以前から出ている清水俊二の翻訳と読みくらべてみるのもよい。あっと驚くラスト、スピード感、涙・・などとは無縁なあくまでも乾いた、ひんやりしたテイストにぜひ酔って欲しい。人によっては「何も起こらない」と見えるかもしれないが、長く、長く心に残る1冊。

 「長いお別れ」にさよならを言う方法はまだ見つかっていない・・
(本書を読んだ方にはこの意味がわかるはず・・・)

 早川書房「ロング・グッドバイ」 レイモンド・チャンドラー作 村上春樹訳
\1470 ハードカバー版 ¥2000

はるきちゃん3


追記 クーリエ・ジャポン4月号にはイスラエルで行われた エルサレム(文学)賞のスピーチ全文を日本語と英語で完全収録。 
 by S






standardbookstore at 01:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※