January 30, 2009

【BOOK】男と女は永遠の「misfits」なのか?

P1010046 皆さんは1961年のアメリカ映画「荒馬と女」をご覧になっただろうか。マリリン・モンロー・クラーク・ゲーブル主演。男と女は永遠の「misfits」(そぐわないもの・相容れないもの とでも訳すのか・・)ジョン・・ヒューストン監督のヘビーな傑作である。白黒の荒々しいタッチの表面の下にギリギリの繊細さが潜んでいる・・・ 
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

P1010048 本書はこの映画のプロモーションとして出版された、撮影現場のメイキング写真集「the misfits」(洋書)である。  
 その任を託されたのが写真家集団マグナムである。 イヴ・アーノルド コーネル・キャパ カルティエ・ブレッソン インゲ・モラス エルンスト・ハースら。
 画像は休憩中の?クラーク・ゲーブル。シブい・・ 彼は撮影終了後 公開前に急死してしまった。モンローも翌年急死。モンゴメリー・クリフトも数年後に自殺。「呪われた映画」とゆわれる所以である。


P1010047 画像はモンローに演技をつけるヒューストン監督。死ぬ前のモンローはかなり不安定でしばしば現場でトラブルを起こしているが本作ではどうだったのだろう・・いずれにせよこの映画のモンローは素晴らしい。それまでのセックス・シンボルたるモンローと違い、繊細で感じやすく脆い女像をうまく演じている。(それともこれが地?)男と女はミスフィッツでありながら少し希望を残したラストとなっている。


P1010049 なんだか本ではなく映画の紹介のようになってしまった。映画ファンも写真好きの方も是非店頭で実物を見てください。映画と同じくモノクロの写真達がカッコよいですよ。


「the misfits」 ファイドン刊 税込み¥1575 です。192ページでこのプライス。
地下 洋画DVDコーナー(DVDではないですが)で販売中。 by S


standardbookstore at 01:00│Comments (0)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※