September 19, 2008

三ッ寺本屋通信 第39号 by std.

☆☆☆
三ッ寺本屋通信
第39号 by std.
☆☆☆
2008年8月29日配信

■今週の名言■
「青春とは人生のある期間ではなく、心のもちかたを言う。」
『青春とは、心の若さである。』「青春」サムエル・ウルマン著 作山宗久訳 角川文庫

速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

 この言葉は、サムエル・ウルマンが80歳の誕生日を記念して自費出版した詩集の巻頭を飾った「青春」の冒頭の言葉です。ウルマンは78歳のときにこの詩を作りました。
 サムエル・ウルマン(1840〜1924年)は、ドイツ生まれのアメリカ人。金物店を経営しながら詩を書いていました。「自分はまだ若い!」と思っている人に読んでもらいたい詩です。夢と情熱を持ち続けていれば年齢に関係なく「青春」であり、ときには20歳の青年より60歳、80歳の人に「青春」がある。
 「青春」とは、臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心。その他にも耳に痛い言葉が続きます。マッカーサーは、この詩を座右の書にしていたそうです。日本でも経営の神様、松下幸之助さん他、財界人にファンが多いのも分かります。たった23行の詩ですが、いつまでも人に勇気を与え続ける「青春」。
 読んで勇気が出るか、へこむかはあなたしだいです。

■今週の新刊■
『追憶のハルマゲドン』カート・ヴォネガット著 朝倉久志訳 早川書房
2007年4月11日、この世を去った冷笑的で、毒舌で、ユーモラスなSF的作家、ヴォネガットの最後の新刊!!短編だけでなく、息子のマーク・ヴォネガットの寄稿や、スピーチ原稿も掲載し、最後の最後までユーモアを貫いてくれています。
 ドレスデン大空襲を経験したヴォネガットだからこそ、戦争を嫌悪し、おちょくり、馬鹿にしまくり、でもそれでいて愛情を忘れない。名作『猫のゆりかご』『タイタンの妖女』『スローターハウス5』も一緒にどうぞ!!

■今週のニュース(1)■
木村克彦さん、MAMACHARIさんの展示会、始まります!9/1mon.-9/15mon.
 地下一階のカフェにて木村克彦さんとMAMACHARIさんのドローイング展示会が始まります。まず、1日からは木村克彦さんの展示会。Tシャツなどのグッズ販売もあります。
7日からはMAMACHARIさんの展示会。絵の具を吹いて絵を描くMAMACHARIさんはライブペインティングの予定も!!詳細は追ってblogで公開していきます。お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。次回は9月12日(金)の予定です。


standardbookstore at 03:00│Comments (0)clip!MAIL MAGAZINE 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※