August 12, 2008

【BOOK】 詩は世界を裸にする

月刊「PLAYBOY プレイボーイ」が11月発売号で休刊になります。
おもしろい特集が多かったので残念です。
ピーター・バラカンさんの音楽日記も楽しみだったのですが。
あと8月、9月、10月、11月25日発売の4号で休刊です。
次号の特集は「人生が変わる旅の本100」。
これは、最新号。
P1010106特集は「詩は世界を裸にする」
■池澤夏樹さんが選ぶ20世紀の詩人10人
■「PLAYBOY」が選んだ世界の詩人
■谷川俊太郎さんインタビュー
などなど。
税込780円
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

ジョン・アシュベリー、ジャック・プレヴェール、アンリミ・ショー、谷川俊太郎、アルチュール・ランボー、ジャン・コクトー、アレン・ギンズバーグ、ゲーリー・スナイダー、ヘルマン・ヘッセ、中原中也など詩人の写真と代表的な詩が1,2編と解説が40ページにわたって載っています。

全部で25人を取り上げていますが、この人も入れて欲しかったという人もいます。
P1010104ディラン・トマス。
1919−1953 イギリスの詩人。若くして鬼才を発揮し、伝説的生涯を送る。晩年はアルコール中毒に冒され、39歳でニューヨークに客死。本人は否定していますが、「ボブ・ディラン」の「ディラン」は、トマス・ディランからとったのではと噂されています。「トム・ウェイツ 素面の酔いどれ天使」に書いておりました。青土社「ディラン・トマス全詩集」税込3,780円




34ページにある
「緑の導火線を通して花を駆りたてる力」
だけでも近くの書店で読んでみて。

ディラン・トマスを入れれば、ウィリアム・ブレイクも行っときましょうか
P1010115興味のある方は、
平凡社ライブラリー
「ブレイク詩集」
税込774円をどうぞ。












「詩」は想像力を使うので時間のあるときにじっくり読むのに適しています。
とんでもない表現力に出会えるのも「詩」の魅力の一つ。
今回の「詩は世界を裸にする」を特集する背景となったのは、月刊「PLAYBOY」2月号の特集「世界の見方を変えてくれる50人の言葉」の反響が大きかったからだそうです。この号もわずかながら在庫がございますので興味のある方はぜひご覧ください。

standardbookstore at 05:00│Comments (2)clip!BOOK 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※