October 26, 2007

三ッ寺本屋通信 第16号 by std.

☆☆☆
三ッ寺本屋通信
第16号 by std.
☆☆☆
2007年10月12日配信

御堂筋のイチョウはまだ青いのですが、ギンナンの香りがするようになりました。今年は御堂筋70周年だとか。

■今週の名言■
「でも、親父、よく言ってました。もし、電車に乗り遅れて、ひとり駅に取り残されたとしても、まあ、あわてるなと。黙って待っていれば、次の電車の一番乗りになれるからって。」
『つむじ風食堂の夜』 吉田篤弘著 ちくま文庫
速報など最新情報はTwitterで!

通販ご希望の方はこちら。


通販の一部の商品でクレジットカードが
ご利用頂けるようになりました。 ⇒ こちらから


イベントチケット通販はこちら

 主人公の父がいきつけだったコーヒー店の、マスターの息子が言ったセリフである。乗り遅れたことを悔やむよりも、むしろそれをラッキーだと思う発想の転換。
 これは、人生の「寄り道」にも当てはまるような気がする。次の電車に乗れば、結構空いてて快適かもしれない。待ち時間の余裕のおかげで、混雑時に見逃しがちな面白い宙吊り広告を発見できるかもしれない。もしかしたら、友達も偶然同じ電車に乗っていて、ばったり出会うかもしれない。
 そう捉えたのなら、今まさに自分が進もうとする道をもっと楽しめそうな気がするし、その道を信じることもできると思う。到着駅の風景は、案外自分の心持ち次第で変わるのかもしれない、という気にさせられる。

■今週の新刊■
『君たちに明日はない』垣根涼介著 新潮文庫
 山本周五郎賞受賞作が文庫化!人事部に代わって社員に解雇を通告するリストラ代行会社に勤める主人公・真介が、自分の親くらいの中年男に、気の強いキャリアウーマンに、イベントコンパニオンに、同郷のかつての優等生に、クビを突きつける。働く意味と、働く楽しさと、かつての夢と、愛する人と、守るものを問い直す一冊になるはず。日本にリストラの嵐が吹き荒れたのも今は昔、昨今は人材不足だとか。リストラに遭った人も遭わなかった人も、遭いそうにない人もぜひ手に取ってほしい。たとえ宝くじ大当たりや、海外逃亡や、白馬の王子がなくても未来は開けていく。そんな希望に溢れる一冊です。

■今週のニュース■
08年ダイアリー揃ってます!
来年のことを言うと誰かが笑うそうですが、手帳の季節が到来です。今年使った手帳に感謝をしながら、来年の相棒を探してみませんか?限定のモールスキンをはじめ、シンプルで使いやすく、そしてお洒落な手帳が揃っています。

techou










手帳が新しくなるっていうのは、気持ちが新しくなるっていうことかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。次回は10月26日(金)の予定です。

standardbookstore at 14:49│Comments (0)clip!MAIL MAGAZINE 
★通販★
※MAILフォーマットにご希望の商品を記入し送信※


※こちらはBASE通販サイトです※

※BASEはコンビニ決済・クレジットカードがご利用頂けます。

・海外雑誌

・イベントチケット
twitter
facebook
Google+
Access
〇地下鉄心斎橋駅から
出口4A
大丸側➡御堂筋西側へ渡る➡南へ徒歩8分。「三津寺町交差点」を右折してすぐ。

○なんばから
出口25番
御堂筋を車の進行と逆(北)に徒歩5分。「三津寺町交差点」を左折してすぐ。



この交差点を西へ
曲がってください。

std_msp
詳しい地図はこちら>>>
Mail Member
新刊・雑貨情報、
お得なクーポンを配信!

登録はこちらから↓
→PCの方はここ←

ケータイの方はこちら↓
qr
このQRコードから会員登録を!
入力はカンタンです。
※迷惑メール対策をされている方は
standardbookstore.comを
許可してください※